紫外線を浴びないと免疫力が低下する理由【正しい日光浴のすすめ】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事は『紫外線を浴びないと免疫力が低下する理由』という生涯健康についてのお話しです。

紫外線を浴びないと免疫力が低下する理由

皮膚がんのリスクが高まる
肌にシミが出来る

こんな理由で紫外線を避けることが多いですが、極端に紫外線を避けることで、身体にデメリットが発生してしまうのです。

どんなデメリットか?それは『免疫力の低下』です。

その理由やメカニズムについて、次の2つのポイントに分けてお話していきます。

本記事の内容

  • 紫外線はビタミンDを作り出す
  • 肌に負担をかけない日光浴の方法

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

紫外線はビタミンDを作り出す

紫外線を極端に避けるとビタミンDの生成が阻害されます。

そして、ビタミンDが作られないと、あなたの身体には大きなデメリットが。

ビタミンDの働きと効果

  • 腸管からのカルシウム吸収を促進 ➡ 骨や筋肉を丈夫にする
  • 免疫機能を調整・維持 ➡ 体内に入るウィルスを攻撃

ビタミンDの効果(最近の研究)

  • ガン・うつ病・認知症の予防
  • 花粉症などのアレルギー症状の抑制
  • 脳梗塞の予防

その他にも、さまざまな疾患の予防が期待できる。

さらに重要なのが。。。

ビタミンは身体のなかで作ることが出来ない

ということで、基本的には食品から摂取しなければなりません。

しかし、日光にあたることでビタミンDの80~90%は体内で生成できるようになります。

まとめると、極端に紫外線を避けず、ビタミンDを上手に生成することが必要となります。

でも、紫外線の浴び過ぎは肌に負担がかかるのも事実。

そこでおすすめの方法をお話します。

肌に負担をかけない日光浴の方法

肌に負担をかけない日光浴の方法は、次の通りになります

  • 紫外線の少ない午前中の早い時間に日光浴
  • 暑い時期は、直接日光が当たらない木陰などで日光浴
  • 日光浴の目安は、1回15~20分を週に3回程度
  • なるべく日焼け止めを使わず、日傘などで紫外線を調整
  • 日焼け止めは紫外線の量に合わせ、使い分ける(SPF値・PA値)
  • メラニンの少ない『手のひら日光浴』がおすすめ

夏場に限らず、紫外線を意識して生涯健康を目指してはいかがでしょうか。

今回のお話は以上となります。

今日は『紫外線を浴びないと免疫力が低下する理由』こんなお話をさせて頂きました。

あなたが快適な毎日を過ごすヒントになれば嬉しいです。