深呼吸のポイントは吐く【4・7・8呼吸法のすすめ】

こころ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『深呼吸』について話をしたいと思います。

深呼吸のポイントは吐く【4・7・8呼吸法のすすめ】

あなたは普段から深呼吸を意識しますか?

私をフォローしてくださっている方には、耳にタコのはなしかもしれませんが。。。

深呼吸には大きな効果、そしてちょっとしたコツがあります。

そこで今回は『深呼吸のポイントは吐く【4・7・8呼吸法のすすめ】』というテーマで『深呼吸を意識しています』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話しでお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • ハーバード式の呼吸法とは?
  • 倍の時間をかけて吐き出そう

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

ハーバード式の呼吸法とは?

深呼吸にはさまざまな効果があります

  • リラックス効果
  • 自律神経の安定効果
  • ストレス解消効果
  • 免疫力UP効果
  • 作業効率UPの効果

など数え上げたらきりがありませんが、そこでちょっと注意したいのが深呼吸の方法です。

ポイントはズバリ『吐くことを大切に』です

最近の研究では、ハーバード大学出身のアンドルー・ワイル博士の『4・7・8呼吸法』がおススメです。

具体的な方法は次の通り

  • 口から息を完全に吐き出します(フーと音が出るくらい)
  • 口を閉じて鼻から4秒吸う
  • 息を7秒間とめる
  • 8秒かけて口から息をゆっくり吐きだします

この呼吸法の特徴は、息を長く吐き出すことです。

理想はこのスタイルなのですが、『この方法だとちょっと苦しい』という方もいらっしゃいます。

そんな方は、ポイントをしっかり踏まえて深呼吸をすればOKです。

倍の時間をかけて吐き出そう

先ほどもお話しましたが、深呼吸で大切なポイントは『吐き出す』こと。

先ほどの『4・7・8呼吸法』にこだわらずとも、次の要領なら効果が高くなります。

吸うを1としたら、吐き出すのが2のイメージ

例えば

  • 3秒吸って6秒で吐く
  • 4秒吸って8秒で吐く

こんな形で、長くたくさんの息を吐きだして、副交感神経を刺激し心身ともにリラックスを心がけましょう。

ということで、今回は『深呼吸』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、深呼吸を上手に活用することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、1日数回の深呼吸をを意識しながら、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。