激しい運動は身体を壊す?ウォーキングで免疫力を高めよう

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『免疫力』について話をしたいと思います。

激しい運動は身体を壊す?ウォーキングで免疫力を高めよう

健康のために『運動を』とても素晴らしい考えで大正解なのですが、運動強度を間違えると大変なことに。

そこで今回は『激しい運動は身体を壊す?ウォーキングで免疫力を高めよう』というテーマで『運動で健康になりたい』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 運動で大切なのは『適度』
  • ウォーキングで免疫力を高める

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

運動で大切なのは『適度』

プロスポーツの選手は身体が丈夫(健康)といったイメージがあるかもしれませんが、けしてそうではありません。

プロの世界でしっかりと結果を残すため、身体を鍛え栄養も意識しているのに健康でないの?

そう思われるかもしれませんね。

でも実は、このような矛盾はよくあるのです。

なぜなら運動の強度を間違えてしまうと、免疫力が低下するから

人間の身体は激しい(過度な)運動を行うと、NK細胞の活性化が低下します。

NK細胞とは?

  • 全身をパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃する細胞
  • 生まれながらに私たちの身体に備わっている防衛機構

なので、このNK細胞が低下すると、細菌やウイルスに対して抵抗力が弱くなります。

このことから分かるように、免疫力を上げるため大切なのは『適度な運動』なのです。

では、免疫力を上げるためには、いったいどのような運動をすれば良いのでしょうか。

ウォーキングで免疫力を高める

免疫力をあげるための運動としておすすめなのが『ウォーキング』です。

ウォーキングが身体に良いこれだけの理由。

  • 身体に負担をかけすぎない
  • 第二の心臓と言われる『ふくらはぎ』を鍛えられる
  • 全身の血流がよくなる
  • 身体の排出機能が高まる

ウオーキングでオススメのフォーム

  • あごを引きまっすぐの姿勢
  • 背筋を伸ばす
  • 肘は直角で肩の力を抜く
  • 胸をはって、おへそから引っ張られるイメージ
  • かかとから着地する
  • つま先で地面を蹴るイメージ

姿勢とあわせ、重要なポイントが強度。

ウォーキングのアドバイスをすると『何歩くらいを目安に?』という質問を頂きます。

答としては1日6,000~8,000歩くらいを目安に、おしゃべりをしながら歩けるスピードで

 
このくらいの強度がおすすめです。

ということで、今回は『免疫力』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、適度な運動で免疫力を高めることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、ウォーキングなどを活用しながらしながら、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。