疲れない身体を手に入れるために大切な2つのコト

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『自律神経』について話をしたいと思います。

疲れない身体を手に入れるために大切な2つのコト

『どんなに寝ても疲れが取れない』
『いつも疲れていると感じてしまう』

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

そこで今回は『疲れない身体を手に入れるために大切な2つのコト』というテーマで『いつも疲れている』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話しでお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 体内時計と自律神経の密接な関係
  • 朝日と朝食で自律神経を活発に

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

体内時計と自律神経の密接な関係

疲れているなと感じる時の身体の状態は『脳疲労が溜まっている』状態です。

そしてこの『脳疲労』を溜めない事が、疲れない身体を作るうえでとても大切になってきます。

では疲れない脳をつくるためにどうしたらいいのか?

そのポイントは『自律神経』を健全に保つということ

なぜなら、私たちの身体に備わる体内時計と自律神経は密接に関係しているから。

私たち人間の身体は、朝日を浴びることで活動的になり、夜暗くなると眠くなるようにプログラムされています。

このリズムに即した生活をしていれば、自律神経が正常に働きからだが良い状態に。

反対にこれに反した生活を送ると、どんなに素晴らしい健康法を実践しても、元気に過ごせなくなります。

そして、この自律神経を正常に働かせるために大切なことが、もう1つあるのです。

朝日と朝食で自律神経を活発に

自律神経を上手に働かせるために欠かせないポイントが。

交感神経と副交感神経を上手に切り替えること

朝の起床は、寝ている間に働いていた副交感神経を休ませ、交感神経を働かせるためにスイッチを切り替える大切なモノ。

そこで重要になってくるのが『朝の光』なのです。

先ほどお話した体内時計は、眼の神経に連動しています。

すなわち、眼で朝の光を確認することで交感神経のスイッチが入り活動的になるのです。

そして、もうひとつ大切なのが『朝食』です。

しっかりと朝食を取ることで身体が目覚め、いわゆる戦闘モードになります。

私の治療院に不調で来院される方の多くが『朝食を食べていない』とう事実。

このことからも、疲れをためず元気に過ごすためには『朝食』はとても重要になります。

ということで、今回は『自律神経』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、毎日規則正しい生活を送ることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、自律神経を正常に保ち、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。