エネルギーが不足するので疲れるはウソ?(脳疲労の正体)

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『脳の疲労』について話をしたいと思います。

エネルギーが不足するので疲れるはウソ?(脳疲労の正体)

あなたの身体が『疲れた』と感じるのは、エネルギー不足が原因ではないのです。

なぜなら、エネルギーが不足状態になるほど食事に困る人はいないから。

そこで今回は『エネルギーが不足するので疲れるはウソ?(脳疲労の正体)』というテーマで『最近どうも疲れやすくて』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 疲れの正体は『酸化』
  • 食事睡眠で抗酸化する

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

疲れの正体は『酸化』

エネルギー不足になると疲れるのではないとすると、なぜ人間は疲れるのか?

その答えはズバリ『酸化』なんです

 
詳しくお話していきますね。

私たち人間が生きていく上で必要なもの、それは『酸素』です。

しかし生活をしていると、身体のなかに余計な酵素が溜まりこれを『活性酸素』と呼びます。

そして、この活性酸素が身体の細胞を『酸化』させてしまうのです。

酸化と聞いてもピンとこない方も多いでしょう。酸化とは。

  • 簡単にいうとサビ
  • 雨ざらしの釘が錆びる
  • 切ってそのままのリンゴが茶色くなる
  • すべて細胞が死んで酸化するため

人間の身体は、脳が酸化すると疲れた状態そして疲労が慢性化しやすくなる

 
では、疲れないためにはどうすれば?

食事睡眠で抗酸化する

酸化を防ぐことを『抗酸化』と言ったりします。

そして、身体を疲れづらくするためには、自律神経中枢に抗酸化力をつけることが大切

 
分かりやすく表現すると、酸化をさせないためにはストレスを溜めないようにしながら、抗酸化力を高めることが大切。

では、どうしたら抗酸化作用が高まるのか?その答えはズバリ!!

食事と睡眠が大切

 
この2つのポイントは次の通り

  • 食事 ➡ イミダペプチド、ポリフェノール、ビタミンなどを意識
  • 睡眠 ➡ 量より質

ということで、今回は『脳の疲労』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、疲れを溜めず生活することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、食事と睡眠を意識しながら、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。