どうして疲れは溜まるのか?【運動疲れは脳疲労?】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『疲れ』について話をしたいと思います。

どうして疲れは溜まるのか?【運動疲れは脳疲労?】

普通に生活をしていても溜まってくるのが『疲労』です。

その疲労を解消する方法などの情報は色々あります。

では『どうして疲れるのか?』と聞かれたら、あなたは理由を答えられますか?

そのあたりを詳しく考えたいと思います。

そこで今回は『どうして疲れは溜まるのか?【運動疲れは脳疲労?】』というテーマで『疲れを上手に解消したい』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話しでお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 疲れの原因は乳酸ではナイ??
  • 疲労は、脳の自律神経中枢におけるストレス

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

疲れの原因は乳酸ではナイ??

あなたにとって疲労のイメージとは、どんな感じでしょうか?

『エネルギーが枯渇し、つかれてしまう』

こんな方も多いかと思います。

ただ、どんなに食べ物でエネルギーを補給しても疲れが取れないのも経験済だと思います。

これは『飽食の時代』と言われる現代では、エネルギー不足で疲れている人が殆どいないということなのです。

また、以前はこんな事が常識とされてきました。

乳酸が溜まると疲れが溜まる

しかし、現在の医学的なエビデンスでは『乳酸が溜まる事だけが疲労の原因ではない』とされています。

むしろ乳酸の働きとしては

  • 無酸素運動時に起こる筋細胞の損傷を修復
  • 余った乳酸は、脳で栄養素にもなる

では、疲労の原因はいったい??

疲労は、脳の自律神経中枢におけるストレス

前半は、少し難しい話が多かったと思うので、ここからは具体例を出しながらお話していきます。

例えば、5㎞をジョギングしたとき、身体の中で一番疲れるのはどこでしょう?

答は『筋肉』と言われる方も多いかと思いますが、実はそうではないのです。

心拍や血圧などの循環そして体温調整をコントロールする『自律神経中枢』ここが、もっとも疲れるのです。

その証拠に

  • 春や秋のスポーツに適した季節の5㎞ジョキング
  • 真冬や炎天下での5㎞ジョキング

同じ距離のジョキングでも、季節の違いにより疲労度合が変わることはイメージ出来ると思います。

また運動にかぎらず仕事などでも同様の事が言えます。

仕事での緊張や人間関係のストレスも自律神経に負担を。

自律神経に負荷がかかると人間の身体は、次のように変化をします。

  • 自律神経に負荷
  • ➡自律神経細胞は大量に酸素を消費
  • ➡活性酸素が発生
  • ➡細胞が酸化され錆びてしまう

この自律神経についた錆が細部の機能を低下、これが疲労の正体

ということで、今回は『疲労』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、疲労を上手にコントロールすることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、疲労の正体を意識しながら生活し、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。