なぜ、野菜で疲労回復ができるのか?【カロテノイドとビタミン】

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

年末近くなると必ずと言っていいほど聞かれる質問があります。

『疲れが取れる食べ物ってありますか?』

1年の疲れが溜まってくる時期には、当然かもしれませんね。

そこでおすすめしている食材でもある『野菜』について、今回はお話していきます。

なぜ、野菜で疲労回復ができるのか?

野菜はどんな種類を食べても疲れが取れるわけではありません。

ではいったいどういった野菜を食べればいいのか?

そのあたりを今回は詳しくお話したいと思います。

今回は『疲労回復効果がある食事は?』といった悩みをお持ちのあなたに『なぜ、野菜で疲労回復ができるのか?』というテーマでお話していきたいと思います。

今回の『野菜』について、お伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 多くの食材に含まれ、ビタミンAになるモノとは?
  • 免疫UPにはビタミンACE(エース)を

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

多くの食材に含まれ、ビタミンAになるモノとは?

多くの食材に含まれていて、疲労回復効果が高い成分と言ったら?

答えはズバリ!『カロテノイド』で、特に野菜に多く含まれます

ちょっと聞きなれない名称かもしれない『カロテノイド』

野菜のうちでも、黄色や赤色の色素で、強い抗酸化作用(疲れをとる)があります。

このカロテノイドはどんな食材に多く含まれるのでしょう?

  • シソ
  • モロヘイヤ
  • ニンジン
  • パセリ
  • 春菊
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • ニラ
  • 唐辛子

などの食品は含有量が多いとされています。

また野菜以外のこんな食品にも

  • マンゴー
  • パパイヤ
  • スイカ
  • エビ
  • カニ
  • イクラ

そして、カロテノイドの大きな特徴として、体内に入るとビタミンAに変わる性質を持っています。

また、野菜にも含まれるビタミン類には、免疫UP効果もあり、詳しくお話していきます。

免疫UPにはビタミンACE(エース)を

数多く種類のあるビタミンの中で、特に免疫力を高める効果があるのが次の3つのビタミンです。

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

このアルファベット部分をとって私は『ビタミンACE(エース)』と呼んでいます。

それぞれのビタミンを多く含む食材にどんなものがあるのか?

ビタミンC

主に緑色の野菜に多く含まれます。

  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • カリフラワー

ビタミンE

ビタミンEを含む食材は多岐にわたります。

  • ナッツ類
  • 魚介類
  • かぼちゃ

などに多く含まれ、かつ、ちょっと嬉しいデータも。

コロナ感染者のうち、ビタミンEをしっかり摂っていた人は、そのなかの93%が軽症で済んだという報告もあります。

ビタミンA

上記、前半部分の話を参考にして下さい。

ということで、今回は『野菜』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、カロテノイドやビタミンエースを意識して生活することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代と言われ、多くの方が長生きをする時代になりました。

この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ野菜やビタミンを上手に活用し、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。