青魚を食べると疲労回復と老化防止ができる理由

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

患者さんに食事指導をする際『毎日のお食事は魚が多いですか?それともお肉?』こんな質問をよくさせて頂きます。

返ってくる答えとしては『お肉』が圧倒的。

理由としては

  • 手軽に調理できること
  • お手軽な価格の面
  • お子さんが好き

など様々ですが、身体のバランス面から見るとお魚にも意識を向けて頂きたく。。。

今回は『青魚』についてお話していきます。

青魚を食べると疲労回復と老化防止ができる理由

青魚を食べることで『疲労回復』や『老化防止』ができます。

なぜなら、コエンザイムQ10とEPA、DHAが多く含まれるから。

そこで今回は『普段の食事はお肉が多め』といったあなたに『青魚を食べると疲労回復と老化防止ができる理由』というテーマでお話していきたいと思います。

今回の『青魚』について、お伝えしたい内容は2つ


本記事の内容

  • 青魚に多く含まれるコエンザイムQ10
  • EPA・DHAは青魚から摂りましょう

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

青魚に多く含まれるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10を積極的に摂取することで、大きな疲労回復効果が期待できます。

コエンザイムQ10とは、どうった働きをするのか?

  • エネルギーを生成するクエン酸回路の補酵素
  • 疲労回復、老化防止、美肌効果がある

このように良いことばかりの『コエンザイムQ10』ですが、大きな欠点が。。。

加齢とともに減少してしまう

この減少を少なくするためには、食事で補うのが一番です。

コエンザイムQ10を多く含む食材として有名なのが

  • イワシ
  • サバ
  • 牛肉
  • 豚肉
  • ナッツ類

ただここで大切なポイントが、その必要量なのです。

日本コエンザイム協会が推奨する1日あたりの摂取量は100mg

もっとも多く含まれるイワシで換算すると約26匹(1匹60g換算)

これは現実的ではないですよね、そこで活用したいのがサプリメントです。

各メーカーより色々なものが発売されています。

なかでも人気な物は、次のような商品です。

コエンザイムQ10だけに限らず、青魚にはさらに嬉しい効果があるので、詳しくお話します。

EPA・DHAは青魚から摂りましょう

EPAやDHAという言葉は、健康に気をつかう方なら、一度は聞いた事ある名前かもしれません。

これらは、オメガ3脂肪酸の一種で主な働きは。

血中の中性脂肪やコレステロールを減らす効果

イワシやサバといった青魚に多く含まれる成分で、気になる方には、とても嬉しい効果ですよね。

厚生労働省が発表している摂取量は1日1g

実際の食品に換算すると次の通り

  • サンマ ➡ 1尾
  • イワシ ➡ 2尾
  • ブリの刺身 ➡ 6切れ

毎日だと多少難しいかもしれませんよね。

そこでおすすめなのが、サバ缶です。

具材だけでなく、成分が滲みだしている煮汁ごと使って料理すると、効果が高いとされています。

ということで、今回は『青魚』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、青魚を意識して食べることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代と言われ、多くの方が長生きをする時代になりました。

この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ青魚を上手に活用し、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。