お茶の飲み方を工夫し免疫力をUPしよう

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『お茶の飲み方』について話をしたいと思います。

お茶の飲み方を工夫し免疫力をUPしよう

お茶には免疫力を高める効果があります。

そして飲み方を変えるとさらに効果が高まります。

そこで今回は『お茶の飲み方を工夫し免疫力をUPしよう』というテーマで『毎日お茶を飲んでます』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話しでお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • お茶で抗酸化作用を引き出す
  • 免疫機能を高める2つのカテキン

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

お茶で抗酸化作用を引き出す

コロナ感染が騒がれはじめた2020年の3月にある女性誌でこんなアンケートが。

医師や管理栄養士さんに『免疫力を上げる飲み物』を聞き、その結果をランキングに。

そこで1位になったのが『緑茶』でした。

緑茶の効果を改めて確認してみましょう。

  • ファイトケミカルと呼ばれるカテキンが豊富
  • カテキンは抗酸化作用に優れた成分
  • 緑茶には複数のカテキンが含まれる

このような特徴があり、大きな役目をはたしているカテキンのなかでも次の2つに注目をしていきたいのです。

  • エピガロカテキン(EGC)
  • エピガロカテキンガレード(EGCG)

それぞれの成分について詳しく見て行きましょう

免疫機能を高める2つのカテキン

さきほど紹介した2つのカテキンには、嬉しくなるような効果があります。

それぞれ詳しく説明します。

エピガロカテキン

  • 免疫細胞であるマクロファージを活性化するパワーがカテキン中最大
  • 低温状態でより多く抽出される
  • 氷水で入れる『水だし』がおすすめ
  • 急須に氷水を注ぎ、5分以上かけてゆっくり抽出

エピガロカテキンガレート

  • ビタミンCの数十倍と言われる強い抗酸化作用
  • 老化を防ぎ免疫力を向上させる
  • インフルエンザに対して抗ウィルス作用がある
  • 20度以下の低温では抽出されにくい
  • 70度~80度nお湯でゆっくり入れるのがポイント
  • 煮え切った熱湯で入れると成分が変性してしまうので注意

ということで、今回は『お茶の飲み方』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、お茶の飲み方を工夫することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、あなたにあったお茶の飲み方で、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。