なぜ、キノコを食べると腸内環境や免疫が整うのか?

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

寒い時期にスーパーに登場する野菜のひとつに『キノコ』があります。

うちの妻が好きで我が家の食卓にも並ぶことが多い食品のひとつです。

身体に良い成分が多く含まれている『キノコ』について今回はお話していきます。

なぜ、キノコを食べると腸内環境や免疫が整うのか?

キノコを食べることで身体の中に良い効果が表れます。

なぜならβ-グルカンが豊富だから。

今回は『食べ物で免疫力をUPさせたい』といったあなたに『なぜ、キノコを食べると腸内環境が整うのか?』というテーマでお話していきたいと思います。

今回の『キノコ』について、お伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • ガン治療にも使われるキノコ
  • キノコの種類別の効果

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

ガン治療にも使われるキノコ

キノコには身体によい成分がたくさん含まれています。

キノコに含まれる身体によい主な成分は次の通り。

  • 食物繊維
  • β-グルカン
  • ビタミンB1・B6・ナイアシン

それぞれについて働きを詳しくみていきましょう。

食物繊維

  • キノコ全般に多く含まれる
  • 腸内環境を整える効果
  • 有害物質を身体の外に排出する効果

β-グルカン

  • 食物繊維の一種
  • 免疫細胞の一種で、ウイルスや細菌の撃退
  • ガンの転移予防や悪性腫瘍と溶かす成分としても使われる

ビタミンB1・B6・ナイアシン

  • 皮膚や粘膜の保護
  • 精神の安定を助ける

このようにキノコ全般には、効果の高い成分がたくさん。

そしてキノコの種類によっても、特徴があるので、そちらもみていきましょう。

キノコの種類別の効果

キノコはその種類により、いろいろな効果をもたらします。

それぞれについて詳しくみていきましょう。

マイタケの有効成分

  • D-フラクションやX-フラクション
  • ➡がんや糖尿病の予防効果

シメジの有効成分

  • 活性酸素を抑制
  • 生活習慣病を予防する成分

エノキの有効成分

  • エノキタケリノール酸
  • ➡余分な油が血管に吸収されるのを防ぐ
  • ➡この効果により血液サラサラが期待できる

シイタケの有効成分

  • シイタケ特有のレンチナン
  • ➡β-グルカンの一種でがん細胞増殖の抑制
  • ➡アトピー性皮膚炎の症状改善

ということで、今回は『キノコ』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、毎日少しづつキノコを食べることでで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひキノコを上手に食べながら、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。