砂糖に中毒性があるは本当か?

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『砂糖』について話をしたいと思います。

砂糖に中毒性があるは本当か?

『砂糖には中毒性がある』こんな話を聞いた事がある方も多いはず。

TVでも何度か取り上げられたり、ネット上ではあらゆる情報が。

そこで今回は『砂糖に中毒性があるは本当か?』というテーマで『健康のために砂糖を控えています』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 砂糖とドラッグが同じ?
  • マウス実験でしか中毒性は確認されていない

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

砂糖とドラッグが同じ?

ここ数年、砂糖がとても悪者のような扱いをうけています。

例えば、順天堂大学の白澤卓二教授はこんな話までも。

『白砂糖や炭水化物を摂ると、脳の神経系が刺激されドーパミンが分泌され強い快感をもたらす。このメカニズムはドラッグを服用した時と同じ』

と、このような話を聞くと恐ろしくなるのですが、はたして科学的な根拠のある話なのか?

医学的なエビデンスの視点から見ていきましょう。

マウス実験でしか中毒性は確認されていない

色々な文献を調べるかぎり、砂糖の中毒性を証明したデータはマウスの実験のみで2008年の次の実験が有名。

  • マウスへ断続的に砂糖を与え続ける
  • 大量のドーパミンとオピオイド(脳内麻薬の一種)が分泌
  • 実験をやめたあとは砂糖の禁断症状が発生
  • ドラッグ中毒さながらの状況

ただ不思議なことに、人間を対象にした県境では同じ現象は発生していない。

そして、糖質研究で有名なデビット・ベントン博士が2010年に発表した論文では。

『人間を対象とした研究で、糖質が身体的な有毒症状を引き起こしたことを実証するデータはない』

ということなのです。ただし最後に注意点だけ。

過食症となった人の一部で、中毒に似た症状が発生。

こいうったデータがあるので、注意が必要です。

あまり心配せず、バランスよい食事を心がけるようにしたいものですね。

ということで、今回は『砂糖』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、砂糖中毒について正しい認識をすることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、バランスよい食事を意識し、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。