マイナスカロリー食品とは本当か?

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『マイナスカロリー食品』について話をしたいと思います。

マイナスカロリー食品とは本当か?

ネット上に多く見られる『マイナスカロリー食品』の文字。

なんでも『食べるほど痩せる食品』だとか。

はたしてこの話は本当のなのか?

今回は『マイナスカロリー食品とは本当か?』というテーマで『セロリなどを意識して食べている』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 消化に使うカロリーの方が大きい?
  • 科学的なエビデンスはなし

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

消化に使うカロリーの方が大きい?

マイナスカロリー食品とは『食べれば食べるほど痩せる食品』と何とも信じがたい話なのですが、その根拠となる考えは。

食品そのもののカロリーよりも、消化に使うカロリーの方が大きいので、食べると痩せる

 
といった内容、思わず『なるほどぉ~』と言ってしまいそうになりますが。。。

そしてこのマイナスカロリー食品は次のようなものが。

  • セロリ
  • ブロッコリー
  • キュウリ
  • 唐辛子

栄養のバランスを考えつつ、適度に食べるとダイエット効果が、という謳い文句。

科学的なエビデンスはなし

医学的な文献を色々調べてみましたが、これまでマイナスカロリー食品に関するエビデンスはありません。

しかしながら、1997年に出された論文のなかにこんなテーマが。

『さまざまな食品を消化吸収するのに、どれだけのカロリーが使われるのか?』

この論文の結論としては。

その食品が持つ総カロリーの3~30%のなかに、ほぼすべての食品がおさまるというもの

 
いずれにしても『食べるだけで痩せる』といったうまい話はありません。

しっかりと規則正しい生活と食事を心がけましょう。

ということで、今回は『マイナスカロリー食品』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、食品に対するあだしい知識を身に着けることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、うまい話に乗せられず規則正しい生活を続け、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。