高機能のランニングシューズは買うべきか?

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『ランニングシューズ』について話をしたいと思います。

高機能のランニングシューズは買うべきか?

運動ブームから、最近では高機能をうたうランニングシューズが発売されています。

クッション性や安定性などを高め、パフォーマンス向上を目指すといった具合。

この高機能のシューズ、身体への負担なども気になるところ。

そこで今回は『高機能のランニングシューズは買うべきか?』というテーマで『ちょっと高めのシューズを履いています』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • ランナーの走力が大幅アップ?
  • かえってケガを増やす場合も

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

ランナーの走力が大幅アップ?

最近の高機能シューズは各社工夫を凝らし、お値段も1万~2万円前後。

  • ソールに新開発のゴムを使ってクッション性UP
  • 足首のカッティングを変えて負担軽減

など、どれも嬉しくなるような宣伝文句ですが、はたしてその効果は?

かえってケガを増やす場合も

医学的な面から見ると、シューズそのもののクッション性や安定性は、走りそのものに影響を与えるケースが少ないです。

こんな実験があります

  • 2012年にオーフス大学での実験
  • 安定性を高めたシューズを1年使用
  • ケガの発生率には変化なし

これ以外に、こんな実験も。

  • 2013年にルクセンブルグのスポーツ医学研究所で実施
  • 215人のランナーにクッション性が高いシューズを試す
  • ケガの発症率が15%も増えてしまった

これらの実験データから、ケガの危険性についてはこう結論づけられています。

骨格や筋肉の個人差が非常に大きく、その人の走り方に合ったシューズを選ぶべき

 
物理的には難しいかもしれませんが、何足かのシューズを履いて実際に走り、どれを買うのかを決めることをお勧めします。

ということで、今回は『ランニングシューズ』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、しっかりとしたシューズ選びをすることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、自分にあったシューズで楽しく走り、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。