激しい運動で疲れが吹き飛ぶはウソ!!おすすめは20分

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事は『激しい運動で疲れが吹き飛ぶはウソ!!』という生涯健康についてのお話しです。

激しい運動で疲れが吹き飛ぶはウソ!!

激しい運動をしてスッキリしました!!これはウソです。

なぜなら、疲労因子が溜まってしまうから。

そこで、運動がもたらす効果やおすすめの運動法について、次の2つのポイントに分けて解説していきます。

本記事の内容

  • 運動の目安は、軽めの20分
  • 運動後のサウナは要注意

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

運動の目安は、軽めの20分

筋トレはダンベルを使わないのがオススメです。

なぜなら、疲労回復因子が多く発生するから。

軽めの運動は血液循環を高め、筋肉量の保持に役立ち健康には最適。

また、運動することにより疲労回復因子を促す効果もあります。

この効果により、負荷が軽くて時間が短い運動は健康的にも『おすすめ』となります。

反対に運動が強くなると疲労因子の発生が多くなり、疲労が溜まってしまいます。

このような事実により。。。衝撃的な事実をお話します。

『汗をかいて気持ちいい、疲れが吹き飛んだ』と感じるのは、前頭葉による思い込みなのです。

ではどういった運動が良いのか?

おすすめの運動

  • 時間の目安20分
  • ウォーキング、軽いジョキング、水泳など
  • 筋トレはダンベルを使わず、腹筋や腕立てなど

後半は、筋トレなど少し激しい運動をした際の注意点についてお話します。

トレーニング後のサウナは要注意

冬の間サウナに入る習慣で、健康を維持することで有名なフィンランド。

それを真似て、サウナで運動不足を解消しようとする方がいらっしゃいますが、注意が必要です。

フィンランドでは、冬の間は多くの雪に閉ざされ白夜もあります。
そう、日本とは環境が大きく違うのです。

また、スポーツクラブなどで、運動後にサウナに入る方も多いと思います。

しかしここには細心の注意が必要です。

熱すぎるお風呂は、かえって脳の疲労を増加させてしまうのは、以前このブログでも紹介しました。

激しいトレーニング後のサウナは、その状況とよく似ています。

トレーニング後のサウナ状況

  • 激しいトレーニングで疲労困憊 ➡
  • 高温のサウナに入り急に汗を流す ➡
  • 水風呂で急激に身体を冷やす ➡
  • その後また高温のサウナへ

この結果、自律神経に大きな負担が。

仕事で疲れた後、トレーニングでさらに疲れ、その後のサウナ

この流れがどう身体に影響するのか?イメージしてみてください。

今日は『激しい運動で疲れが吹き飛ぶはウソ!!』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。