便は健康のバロメーター

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事は『便は健康のバロメーター』という生涯健康についてのお話しです。

便は健康のバロメーター

あなたの健康状態を知る手がかりの一つが『便の状態』です。

なぜなら、腸内環境と免疫は深い関係にあるから。

今日は便の状態について、次の2つのポイントに分けて解説していきます。

本記事の内容

  • 免疫力を図るバロメーターは『便』
  • 排便リズムを作ろう

この記事を書いている私は

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

文章が苦手という方は、 生涯健康ラジオ ← 青字部分をクリック頂くと音声視聴でします。

スポンサードサーチ

免疫力を図るバロメーターは『便』

毎日を健康に過ごすために、免疫力を上げることはとても重要です。

なたの免疫力を図るバロメーターの一つが『便』なのです。

なぜなら『腸は最大の免疫器官』だから。

詳しく解説していきますね。

私たち人間の身体には、免疫細胞が全身に存在し、そのうち

腸には体内の約70%が集中

この仕組みにより、体内に入ってきたウィルスを撃退するためには腸の防御システムを正しく機能させることが重要です。

そのためには、体内に溜まった老廃物をしっかり出す必要があります。

老廃物がうまく排出されないと、あなたの身体にはこのような変化が。

  • 便秘などで便が腸内に溜まったまま ➡
  • そのまま時間が経過すると腸内の悪玉菌が増加 ➡
  • 有害物質が吸収されやすくなる ➡
  • 大腸がんや生活習慣病のリスクが高まる

こうならないためも、善玉菌優勢の腸内環境が必要です。

では、腸内環境を整えるためには何が必要となるでしょうか?

排便リズムを作ろう

腸内細菌のバランスを善玉菌優勢にするためには『排便リズム』が大切です。

そのためには、やはり朝食をしっかりとることが重要になってきます。

なぜなら、朝食を食べることが刺激となり、腸の動きが活発(これを胃直腸反射と言います)になり、排便が促されます。

そこで意識して頂きたいのが、朝食後は必ずトイレに行くという排便リズム。

このリズムが出来上がると、腸内細菌のバランスも良い状態に保たれるようになります。

そして、その習慣が出来上がったあとも、朝出してスッキリするのではなく、健康のためにも便のチェック習慣づけることをおすすめします。

今日は『便は健康のバロメーター』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。