コロナ対策の切り札は『免疫力』

こころ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『免疫力』について話をしたいと思います。

コロナ対策の切り札は『免疫力』

コロナのワクチン接種がはじまり、その効果がニュースになっていますよね。

インフルエンザも含め、ワクチンの効果を否定するつもりはありませんが、それに頼り切るのは危険だとも私は考えています。

そこで今回は『コロナ対策の切り札は免疫力』というテーマで『コロナを予防し快適に過ごしたい』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 免疫は白馬の王子
  • 細胞と免疫の関係とは

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

免疫は白馬の王子

私たち人間の殻に備わっている『免疫』は、その力を上げることで、色々な病気から守ってくれます。

こういった予防だけでなく、かりにウイルスや細菌に感染し病気になったとしても、免疫力により病気を治してしまうことも。

私たち人類が地球に出現してから数百万年、これまで滅びることなく存続できたのは。

さまざまな病原体からの攻撃を免疫で撃退し続けてきたから

 
その姿は、さながら『白馬の王子』といったところでしょうか。

そして、私たち人間の身体は細胞で出来ており、この細胞を白馬の王子が守っているのです。

その細胞について、もう少し詳しくみていきましょう。

細胞と免疫の関係とは

身体に発生した病気が、免疫により治るメカニズムについてお話します。

細胞のしくみ

  • 人間の身体は約37万兆個の細胞で出来ている
  • このうち4,000万個が1秒間に生まれ変わる
  • 身体全体の細胞は1日で約10%が入れ替わる
  • この細胞の死滅と再生がスムーズに行えると健康でいられる

この細胞の更新(死滅と再生)をコントロールしているのが免疫

 
話がそれますが、この4,000万個の細胞が更新する際、ミスした(出来損ない)の細胞が『がん細胞』

そしてその数は1日に約500個!!

これらを見つけだし、攻撃して死滅させるのも免疫なのです。

コロナやインフルエンザそしてがん細胞にも立ち向かう『免疫』

ここまでの話を聞いたあなたなら、ワクチンよりも先に免疫を意識してと考えても不思議ではないかもしれませんね。

ということで、今回は『免疫』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、ワクチンのニュースに一喜一憂することなく免疫を意識することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、食事・睡眠・運動で免疫力を高め生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。