マスク熱中症に注意!脳がオーバーヒートする?

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『マスク熱中症』について話をしたいと思います。

マスク熱中症に注意!脳がオーバーヒートする?

『マスク熱中症』という言葉をあなたは聞いたことがありますか?

毎日マスクをつける生活になり1年以上、最近ジワジワと増えてきている病気です。

そこで今回は『マスク熱中症に注意!脳がオーバーヒートする?』というテーマで『1日中マスクをしている』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 鼻からの空気で脳は冷えている
  • 鼻から深呼吸でマスク熱中症を予防

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

鼻からの空気で脳は冷えている

身体だけでなく脳も疲労を感じます。

そして脳が疲労を感じる中心となるのが自律神経中枢。

この自律神経中枢は、鼻腔(びくう)のすぐ上にあります。

身体の中で働き発熱した自律神経中枢は、鼻から取り入れたフレッシュな空気で冷やされます。

ところが、マスクによって体内に取り入れる(吸う空気)が温まる状態が、今のマスク生活なのです。

すなわち、脳が冷えなくなりオーバーヒートしている状態となる

 
これが『マスク熱中症』の正体なのです。

ではマスク熱中症を防ぐために、あなたはどうすれば?

鼻から深呼吸でマスク熱中症を予防

マスク熱中症を防ぐ最大のポイントは、室温の管理です。

なぜなら部屋の室温が低ければ、マスクの中の空気も冷たくなるから。

では、何度くらいがいいのでしょう?

湿度にもよりますが、男性は25度・女性は27度を適度と感じます。

そしてマスクをつけながら仕事をしていると、脳に熱がたまりがちとなるので。

1時間に1回程度を目安に、マスクを外して深呼吸を意識しましょう。

 
この先も長期的なマスク生活が続く事が予想されます。

脳の温度を管理していきたいところです。

ということで、今回は『マスク熱中症』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、自律神経中枢を意識することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、マスク熱中症を防ぎながら、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。