免疫力が下がる4つの原因とその対策

こころ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『免疫力が下がる原因』について話をしたいと思います。

免疫力が下がる4つの原因とその対策

先日『免疫力を高めるためには?』というお話をさせて頂きました。

では反対に、『何をしたら免疫力が下がる?』と聞かれたらどうでしょう。

そこで今回は『免疫力を下げる4つのコトとその対策』というテーマで『免疫力を高めて健康でいたい』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 免疫力を下げてしまう4つのコトとは?
  • 免疫力低下の対処方法

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

免疫力を下げてしまう4つのコトとは?

これまで『免疫力を上げるために方法』についてお話してきましたが、実は免疫力が下がる原因をしることも大切なのです。

なぜなら、免疫力とはなにか?を深く理解できるから。

免疫力をさげてしまう原因については、大きくわけて4つの原因があります。

これから詳しくお話ししますが、その内容を聞いて『自然現象だから仕方ない』と諦めないでください。

同じ年齢でも『風邪を引きやすい人』と『そうでない人』がいるように、体質はかならず変わります。

ぜひ日常生活で見直せるところは、見直し免疫力を高め健康な身体を目指しましょう。

では、免疫力を下げる原因の4つをみていきます。

  • 食生活の乱れによるもの
  • ストレスによるもの
  • 薬の常用によるもの
  • 加齢によるもの

それぞれ詳しく解説します。

免疫力低下の対処方法

さきほど紹介した免疫力を低下させる4つ原因について、その対処法も含め解説します。

食生活の乱れによる免疫低下

私たち人間の身体をまもる免疫細胞は『タンパク質』で出来ています。

食生活の乱れにより、タンパク質の摂取量が低下すると免疫力が低下します。

また、食物繊維が足りなくなっても、腸内環境が悪化し免疫低下につながります。

特に50代以降の食生活では、『タンパク質と食物繊維』を多めに摂取するよう心がけましょう。

ストレスにより免疫低下

毎日わたしたちの身体に発生する、がん細胞を撃退するNK細胞。

ストレスにより交感神経優位(緊張した状態)が長く続くと、NK細胞の働きが極端に低下します。

NK細胞はとてもデリケートなので、日常生活では出来るだけストレスフリーを心がけましょう。

薬の常用による免疫低下

病気治療のために病院で処方される場合は別ですが、市販の薬を常用する場合は注意が必要です。

例えば、市販の頭痛薬や下痢どめなどを緊急時に使用するのは構いませんが、常用すると確実に免疫力が低下します。

特に抗生物質は、腸内の善玉菌まで死滅させる場合が多く、免疫力には大きなダメージも。

加齢による免疫力低下

人間の免疫力は20代をピークに年齢とともに低下。

そして40代では20代の約半分、70代になると20代の1/10になると言われています。

ただし、この数字は免疫力をUPする努力をなにもしなかった場合。

加齢による免疫力低下の原因は、NK細胞の働きが少なくなるから。

高齢者にがんの発症例が多いのもこのためです。

ということで、今回は『免疫力が下がる原因』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、免疫力を下げないよう努力し生活することでで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、4つの原因にしっかりと対処し生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。