体温UPで免疫力を高めよう【運動で基礎代謝をあげましょう】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。
先日こんな質問を頂きました。

これから寒い季節となり、コロナ感染が心配です。
感染予防のためには免疫力を上げると聞きましたが
どのようにしたら免疫力がアップしますか?

そこで、今日の記事では『体温UPで免疫力を高めよう』という健康についてのお話しを

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 医師、管理栄養士と提携整体の院長

こんな私がお話していきます。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

本記事の内容

  • 細胞に血液を送り免疫力をアップする
  • 下がり続ける平均体温

体温アップで免疫力を高めよう

体温が高くなると、身体の免疫力がアップします。

なぜなら、基礎代謝が高くなるから。

その仕組みについて、詳しくお話しますね。

スポンサードサーチ

細胞に血液を送り免疫力をアップする

人間の体内にある免疫システムは、体温が上がると働きやすくなります。

なぜなら、血流の流れがよくなるから。

その仕組みについて詳しくお話します。

私たち人間の身体は、小さな細胞が寄せ集まって構成されています。
その数なんと、約37兆2000億個(以前は60兆個)

これらの細胞1つひとつに、血液(栄養)が送り届けられ、たまった老廃物(ゴミ)が除去されるシステムがうまく機能すると、免疫力が高くなります。

免疫力が高くなる例

  • 風邪を引いて熱が出る ➡
  • 熱を上げることで免疫細胞が活性化 ➡
  • 身体がウィルスに対してバリアを作る

一般的には、体温が1度あがると、免疫が30%以上高くなる。

免疫アップのメカニズム

  • 体温が上がり代謝が良くなる ➡
  • 免疫力が上がる ➡
  • 体内に侵入したウイルスを素早く撃退

反対に体温が1度下がると、代謝が12%もダウン。

これにより、ウィルスや細菌に負けて病気にかかりやすくなります。

では、私たちの体温は何度くらいが理想なのでしょうか?

下がり続ける平均体温

私たちの平均体温は下がり続けています。

日本人の平均体温や36.5℃前後と言われています。

しかし、年々下がり続け、直近50年間の平均で0.7℃下がったという報告もあります。

なぜこんなにも下がってしまのか?

あくまで推察になりますが、筋力が低下したためという考えが一般的です。

ちょっと難しい表現になりますが、体温を上げるためには『基礎代謝』を上げることが重要です。

では、この基礎代謝を上げるために何をすればいいのか?

それはズバリ!!運動です。

なぜなら人間の身体から発生する熱のうち、30~40%は筋肉で作られているため。

なので、筋肉量が落ちると基礎代謝が落ちてしまいます。

結論として、基礎代謝(体温)を上げるために運動をして筋力をあげましょう、となります。

免疫力をあげて元気に過ごすためには、適度な運動を行い体温を上げましょう。

今日は『体温UPで免疫力を高めよう』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。