喉が渇いてなくても脱水症状?その理由とは

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

冬場でも水分は意識して取るようにしましょう

ここ何年か患者さんにこんな声掛けをすることが多くなりました。

最近は、空調がしっかりしている建物が多く、冬場の水分補給も大切になってきます。

そこで今回は『水分補給』についてお話していきます。

喉が渇いてなくても脱水症状?その理由とは

水分補給の大切さを実感される方が多くなりました。

これはとても素晴らしいことなのですが。。。

ひとつだけ注意して頂きたいポイントがあります、それは

こまめに水分補給をするということ

その理由について今回はお話していきます。

今回は『冬は脱水を気にしていない』といったあなたに『喉が渇いてなくても脱水症状?その理由とは』というテーマでお話していきたいと思います。

今回の『脱水』について、お伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 脱水症状は、どんなときにも起こる
  • 脱水はミネラルウォーターよりスポーツドリンク

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

脱水症状は、どんなときにも起こる

喉が渇いた感じがする時だけが、脱水の兆候ではありません。

なぜなら人間の身体の60%は水分だから。

私たちの身体が脱水症状になると、次のような働きを身体で行わなくてはならなくなります。

  • 血液循環
  • 心拍数の調整
  • 血圧の調整
  • 体温の維持

つまり余計な仕事が増え(負担をかけて)余計に疲れてしまうあす。

夏場は、熱中症を気にして、こまめに水分を摂る方が多いですが、感想する冬場でも水分は大切になります。

そして水分補給をする時に気を付けて頂きたい最大のポイントが。

一気に大量に飲まないこと

なぜなら、一気にたくさん飲んでも身体には吸収されにくく、反対に胃腸に負担をかけてしまうから

おすすめは、コップに半分は1杯程度をこまめに飲む方法。

そして汗をかいたときには、水よりおすすめのものがあります。

脱水はミネラルウォーターよりスポーツドリンク

脱水状態になった身体は、熱中症になる危険性が高くなります。

ここで熱中症のとは?について確認しましょう

熱中症とは、発汗による脱水から体温が異常に上昇し、脳や臓器に生涯をもたらす病気

2018年の国内での死亡報告数は1,518人

特に夏場の運動や炎天下の作業で汗をかいたときには、お水ではなくスポーツドリンクがおすすめです。

スポーツドリンクは、発汗により失われたナトリウムを補給できるメリットがあります。

反対に大量に汗をかいたときに水を飲むと、体液中の電解質が余計に薄まってしまうケースもあり注意が必要です。

ただし、スポーツドリンクにもデメリットが。

それはスポーツドリンクに多く含まれる糖質。

特に血糖値が高い人や肥満気味の方は、摂りすぎに気を付けるようにしましょう。

ということで、今回は『脱水』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、水分摂取を意識することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、こまめに水分補給をして、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。