バリウム検査では胃がんの早期発見は出来ない

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回も前回に引き続き健康診断の話題で『バリウム検査』について話をしたいと思います。

バリウム検査では胃がんの早期発見は出来ない

ある程度の年齢になってくると心配になるのが『ガン』という方も多いですよね。

そして発症例が多いガンのひとつが『胃がん』です。

そこで今回は『バリウム検査では胃がんの早期発見は出来ない』というテーマで『胃がんが心配』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話しでお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • バリウムやレントゲンでは胃がんの早期発見は難しい
  • 内視鏡検査とバリウム検査の違い

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

バリウムやレントゲンでは胃がんの早期発見は難しい

レントゲン検査だけでは胃がんの発見が難しい。

そんな情報も多くなり、バリウム検査+レントゲン検査を希望される方が増えています。

また定期的な健康診断の検査項目に、これらが入っているのも大きな影響となっているでしょう。

しかし、胃がんを早期発見してければ一番良いのが『内視鏡の検査』になります。

ではなぜ、年に一度の健康診断に内視鏡検査が組み込まれないのか?

これは、検査にかかる時間と手間の問題があるのです。

そう、一度に多くの方の検査を実施する定期的な健康診断で、内視鏡検査をすると検査時間(1人あたり20分~30分)が膨大になってしまうのです。

では、バリウム検査がまったく効果がないか?といったらそうでもありません。

内視鏡検査とバリウム検査のメリットデメリットについて、詳しくみていきましょう。

内視鏡検査とバリウム検査の違い

  • 内視鏡検査(胃カメラ)のメリット
  • ➡小さな病変でも見つけることができる
  • ➡組織を摂って、良性か悪性かの検査ができる
  • ➡被曝が少ない
  • 内視鏡検査(胃カメラ)のデメリット
  • ➡カメラを飲み込むのが苦手な方が多い
  • ➡咽頭の麻酔でアレルギーを起こすケースあり
  • ➡術者の技量が問われる
  • バリウム検査のメリット
  • ➡胃全体を見ることが出来る
  • ➡食道や胃の動きをリアルタイムで見ることが出来る
  • バリウム検査のデメリット
  • ➡異常が発見できても、良性か悪性かの判断が出来ない
  • ➡小さな病変を見逃すケースもある
  • ➡便秘を起こすこともある
  • ➡被ばくがある

やはり胃がんを早期発見したい時には、内視鏡検査がおすすめということになります。

ということで、今回は『バリウム検査』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、検査の特徴をしっかり把握した上で活用することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、内視鏡検査(胃カメラ)を上手に活用し、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。