ストレスは解消ではなく回避する【ストレスゼロが難しい時代の生き方】

こころ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事では『ストレスは解消ではなく回避する』こんなテーマについて、

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 医師、管理栄養士と提携整体の院長

こんな私がお話していきます。

本記事の内容

  • 脳にたまる酸化ストレス
  • ストレスの種類と反応

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

ストレスは解消ではなく回避する

『色々なストレス解消法を試すが、なかなか効果が出ない』

そんなことで悩むあなたに向けて記事を書きました。

サラリーマン時代、私もストレスの塊でした。
そして今でも、ストレスゼロではありませんが、健康に生活できています。

ストレスに悩むあなたのヒントになれば嬉しいです。

スポンサードサーチ

脳にたまる酸化ストレス

仕事や家事に追われている時、あなたの脳には膨大なストレスが溜まります。

えっ、身体にストレスではなく脳に?

と思う方もいると思います、そのメカニズムについてお話していきます。

仕事に追われたような状況の時、あなたの身体や脳はどのような状態になっているのか?

脳に溜まる酸化ストレス

  • 仕事に追われ交感神経が優位 ➡
  • 神経は緊張し、思考や集中を繰り返す ➡
  • 血管が収縮し血圧や心拍数が上昇 ➡
  • 自律神経中枢では活性酸素が発生 ➡
  • 脳に酸化ストレスが溜まる

このような状態が長く続くと、脳が疲労しきってしまい、大きな病気に繋がる可能性も。

このように脳に大きな影響を及ぼすストレスですが、仕事以外にも様々なものがります。

くわしく見ていきましょう。

ストレスの種類と反応

ストレスの種類は物理的なモノと心理的なモノの2つに分けられます。

ストレスの種類

  • 騒音(物理的)
  • 紫外線(物理的)
  • 気温(物理的)
  • タバコ(物理的)
  • クスリ(物理的)
  • 炎症や感染(物理的、生理的)
  • 怒り(心理的)
  • 不安(心理的)
  • 悲しみ(心理的)

そして、体内で発生するストレスには、2つの反応がおこります。

体内のストレス反応

  • 自律神経系の働きでおこるストレス
  • 内分泌系・免疫系でおこるストレス

これらについては、詳しく話すと難しくなってしまうので、この程度で。

このように、ストレスには色々な種類と反応があります。

そして大切なのは、現代の生活スタイルでは『ストレスゼロは難しい』ということ。

では、私たちはどうストレスから身を守ればよいか?

ストレス解消法を知るではなく、ストレスの種類を知り出来るだけ回避する

こんな考えが、大切となってきます。

ストレスの種類は人それぞれ違います。

万人受けするストレス解消法ではなく、あなたに襲いかかるストレスから距離を置く、そんな方法を見つけましょう。

今日は『ストレスは解消ではなく回避する』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。