生涯健康Blog 人生100年時代・生涯健康

【坐骨神経痛の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

坐骨神経痛 症状

坐骨神経痛でよくある悩み

  • みんなと一緒に旅行を存分に楽しみたい
  • いつまで痛みとしびれが続くか不安になる
  • 長時間立っていられないので、集中できない
  • 仕事で周りに迷惑をかけたくない
  • 病院を受診したら、手術をすすめられた

こんな悩みを持った方が、この記事をご覧頂くと症状改善のヒントが満載です。

文章が苦手という方は、こちらの動画で原因について解説しています。

スポンサードサーチ

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛と聞くと『病院でも治りづらい』とか『しびれと一生付き合っていくしかない』など、怖いイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分が坐骨神経痛ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは坐骨神経痛がどんな病気かという事を簡単に説明します。

坐骨神経とは、尻から太ももの後ろ側を通り、ふくらはぎや足先へとつながっていて、体内に張り巡らされている神経の中で最も太く長い神経とされています。この神経に異常が起き、痛みやしびれが発生する状態を坐骨神経痛と呼びます。

痛みやしびれは左右の片側だけに起こることが多いですが、両方に痛みを感じる場合もあり、多少痛みを感じる軽度なものから、歩行が困難になるほど重症なものまでさまざまです。

また、投薬などで神経への痛みを軽減する治療を行っても改善しない場合には、手術をすすめられることが少なくありません。

坐骨神経痛の原因とメカニズム

腰やお尻、足などの痛みやしびれを感じて整形外科を受診すると多くの方が神経痛の原因は『腰の骨の隙間が狭くなっているから』とか『ヘルニアの疑いがある』などと診断されることがあります。

実際に脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどが原因となり坐骨神経痛の症状が起こっている場合はありますが、坐骨神経痛の原因はそれだけでないケースも多く

もしあなたの坐骨神経痛の症状が次のような原因でなければ、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアが原因である可能性は低い場合があります。

  • 特定の動作でしびれが強くなる
  • 朝は症状が強いが、日中は楽
  • 動作や時間帯によって痛みやしびれが変わる

そして、しびれを起こす坐骨神経圧迫の要因として考えられるのが『筋肉のコリ』で、このコリが辛い腰やお尻、足のしびれや痛みを引き起こしている場合が非常に多いです。

実際に当院に坐骨神経痛の症状の方でご来院される方にも、整形外科では狭窄症やヘルニアが原因と診断された方は多くいらっしゃいますが

一部を除いて、整体療法などによりしびれや痛みを気にせず、元気な毎日を取り戻している方も多いです。

坐骨神経痛に関する一般的な治療について

上記では坐骨神経痛の原因となるのは狭窄やヘルニアではなく筋肉のコリであることを解説しました。

ではそのコリをどうやって解消し坐骨神経痛の症状を解消していけばよいのでしょうか?

整形外科での処置はというと、消炎鎮痛剤であったり痛み止めの薬であったり神経ブロックなどの治療が行われるようですが、どれも症状を一時的に緩和するだけであって根本の解決にはなっていません。

またしびれや痛みのあるお尻や足などの局所に電気をかけたりマッサージをしたりすることもあるようですが治療効果としては疑問が残ることも多いです。

坐骨神経痛の治療において大切なことは神経を圧迫している根本となる原因を取り除くことです。

坐骨神経痛は神経を圧迫している場所によって特徴的なしびれや痛みが現れます。たとえば、神経の圧迫が腰椎の4番と5番では症状の現れ方が違います。梨状筋症候群といってお尻にある筋肉が神経を圧迫していることもあります。

スポンサードサーチ

坐骨神経痛に整体療法を選ぶ理由