あなたの疲れが取れない本当の理由【疲れているのは脳?】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事では『あなたの疲れが取れない本当の理由』こんなテーマについて、

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 医師、管理栄養士と提携整体の院長

こんな私がお話していきます。

本記事の内容

  • 日本人の7割が疲れている
  • 疲れているのは脳の神経だった

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

あなたの疲れが取れない本当の理由

『十分に眠っているのに疲れが取れない』
『身体がダルく、午前中は調子が出ない』

こんなお悩みありませんか?

この記事では、そんな悩みを解決するヒントをお伝えしていきます。

スポンサードサーチ

日本人の7割が疲れている

日本人の7割が、どの年代においても慢性的な疲れを感じている。

ある研究機関にこんなデータがあります。
今この記事を読んでいるあなたも、似たような悩みをお持ちではないでしょうか?

では、その疲れをどう取り除けばいいのでしょう。

疲れを癒す方法

  • 焼肉を食べる
  • マッサージを受ける
  • 栄養ドリンクを飲む
  • とにかく寝る

色々と工夫されている方も多いと思います。

しかし残念ながら完全に疲れは取れない、これが悲しいい現実なのです。

ではいったいなぜ、これらの方法で疲れが取れないのでしょうか?

疲れているのは脳の神経だった

疲れているのはズバリ!!『脳』なのです。

マッサージを受けてもスッキリしないのは、疲れているのが筋肉(コリ)ではないからです。

では、どこが?? それが『脳』なのです。

そのメカニズムについてお話していきます。

脳が疲れるとは?

脳が疲れる状態を医学的に説明するとこうなります。

脳の中枢神経である視床下部(ししょうかぶ)と前帯状回(ぜんたいじょうかい)という部分が疲れてしまうのです。

ちょっと難しい説明になってしまったので、具体例を

会議で疲れる場合

  • 上司から厳しい数字目標提示 ➡
  • 緊張で身体が硬くなる ➡
  • 細かい数字を見て、目が疲れる ➡
  • 会議室の室温が高すぎる ➡
  • 2時間以上、座りっぱなし

このような流れで、先ほどの脳の中枢神経である視床下部(ししょうかぶ)と前帯状回(ぜんたいじょうかい)という部分が疲れてしまうのです。

そして、自律神経がクタクタになってしまいます。

なので、いくらマッサージで筋肉をほぐしてもスッキリしないのです。
では、どうしたら脳が休められるのか?

これについては、また別の機会にお話させて頂くつもりですが、ポイントは身体に良いものを食べて、よく眠る事です。

今日は『あなたの疲れが取れない本当の理由』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。