脳を冷やして疲れを取ろう【熱帯夜は我慢しない】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事は『脳を冷やして疲れを取ろう』という生涯健康についてのお話しです。

脳を冷やして疲れを取ろう

『エアコンをつけたまま寝ると身体に悪い』この考えは間違いです。

極端な暑さや寒さは、脳に負担をかけるから。

今日は『気温差を我慢で乗り切ろう』そんな考えを強くお持ちのあなたに向けて、お話しさせて頂きます。

今回の『エアコン』についての話ですが、2つのポイントに分けてお話していきます。

本記事の内容

  • エアコンは迷わず、つけっぱなしで寝る
  • 設定温度は25℃湿度50%がおすすめ

出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

エアコンは迷わず、つけっぱなしで寝る

エアコンはつけっぱなしで寝ましょう。

なぜなら、快適に過ごせる環境で無くなってきているから。

日本の夏(冬も含め)は年々暑くなり、快適な睡眠を実現するのは難しい環境になってきています。

夏であれば、炎天下で汗をかき、そのうえ夜も体温調整をすることになると、自律神経が休まらなくなります。

そして寝ている間も、暑さ(寒さ)を強く感じる状態が続くと、脳が疲れ、一日の疲労感がリセットされません。

なので、出来るだけ快適な環境で眠れるよう『エアコン』をオススメします。

エアコンをタイマーで利用するという方も多いと思いますが、寝ている間にぶり返す暑さは脳に大きなダメージを与えます。

『エアコンをつけたままは身体に悪い』と反論されそうですが、身体に悪いという説に根拠はありあません。

エアコンを使おうと思った際、どのような温度設定がいいのか?

この後くわしくお話します。

エアコンは25℃で湿度50%がおすすめ

エアコンは25℃で湿度50%がおすすめです。

なぜなら、深部体温に適切だから。

深部体温とは?

人間の身体で脳や内臓の温度を表すもので、極端に高くなると脳が疲労し様々な影響を及ぼす。

深部体温を下げ脳を疲労から守るには、医学的なエビデンスでも室温は25℃がベストとされています。

またこの際、除湿機能も上手に使いましょう。

なぜなら、湿度が下がることで深部体温を低く保つことができ、皮膚から汗が蒸発しやすくなるから。

と、今回は暑い夜を想定してお話をしましたが、冬の時期も注意が必要です。

なぜなら、急激な温度変化が血管に負担をかけるから。

例えば、夜中にトイレに起きたとき。

布団からでて部屋が寒いと、血管が一気に収縮して血圧が上昇。

こうなると自律神経にダメージが加わり、脳卒中などの危険が伴います。

ということで、エアコンなどを使い部屋の温度を快適にして、生涯健康を目指してはいかがでしょうか。

今回のお話は以上となります。

今日は『脳を冷やして疲れを取ろう』こんなお話をさせて頂きました。

あなたが快適な毎日を過ごすヒントになれば嬉しいです。