腫瘍マーカーはがん健診の代わりにはならない

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『腫瘍マーカー』について話をしたいと思います。

腫瘍マーカーはガン健診の代わりにはならない

あなたは腫瘍マーカー検査を受けたことがありますか?

がんの早期発見に効果ありとされているこの検査ですが、実は100%のものではないのです。

そこで今回は『腫瘍マーカーはガン健診の代わりにはならない』というテーマで『腫瘍マーカーが正常値だから大丈夫』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話しでお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 腫瘍マーカーでがんの早期発見はできるのか?
  • 腫瘍マーカー検査は必要なのか?

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

腫瘍マーカーでがんの早期発見はできるのか?

腫瘍マーカー検査とは、がんが特異的に産生する物質を調べる検査です。

そして7つの機能があるとされています。

  • スクリーニング
  • がんの補助診断
  • 病気の分類
  • 予後予測
  • 治療効果の判定予測
  • 治療効果のモニタリング
  • 再発のモリタニング

とこのように、がんの診断というよりモニタリングの意味合いが大きいです。

そして、早期のがんで腫瘍マーカーの数値が上がることがないのです。

ですので、腫瘍マーカー検査は、その程度の指標だと認識しておくことが大切です。

では、この腫瘍マーカーで発見できるのは、どのような種類のがんなのか?

そして腫瘍マーカー検査の必要性について考えていきましょう。

腫瘍マーカー検査は必要なのか?

腫瘍マーカー検査で陽性率が高いとされる腫瘍

  • AFP/CEA<
  • 肝臓がん、胃がん、すい臓がん、大腸がん、肺がん、乳がん
  • CA19-9
  • すい臓がん、胃がん、大腸がん、胆のうがん
  • CA50
  • すい臓がん、胆のうがん、肝臓がん
  • PSA
  • 前立腺がん
  • TPA/フェリチン
  • ➡多くのがんに共通してみられる

腫瘍マーカー検査は、人間ドックのオプションで簡単に出来る検査です。

しかし、この検査だけでのがんリスク判断はできません

 
必要に応じて他の検査(CT、超音波、内視鏡、PETなど)併用したうえで判断することをおすすめします。

ということで、今回は『腫瘍マーカー』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、腫瘍マーカー検査を上手に活用することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、がんをしっかりと予防して、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。