100歳まで健康を目指すなら『温活』を【3つの首を温める】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事では『100歳まで健康を目指すなら温活を』という健康についてのお話しを

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 医師、管理栄養士と提携整体の院長

こんな私がお話していきます。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

本記事の内容

  • 温活とは?
  • 3つの首を温める

100歳まで健康を目指すなら『温活』を

体温をあげて血流をよくすることで健康に近づけます。

そして体温をあげるのにおすすめの方法が『温活』です。

なぜ温活がよいのか?
どんなことをすればよいのか?

など、詳しくお話していきます。

スポンサードサーチ

温活とは?

『温活』とは、適正な温度まで、基礎体温をあげることで健康を維持する活動のこと。

具体的なイメージ

  • 日常生活でなるべく身体を冷やさない ➡
  • 身体を内側だけでなく、外側からも温める ➡
  • 体温を上げて血流をよくする ➡
  • 免疫力を高く保つ

ただし、注意点があります。

どんなに頑張って体温をあげて血流をよくしても、ある部分を通過する時に血液が冷えてしまうことがあります。

こうすると、結局全身に冷えた血液が流れてしまい、温活の効果が得られません。

ある部分とはいったい、どこを指すのでしょうか。

3つの首を温める

ポイントは3つの首 ➡ 首・手首・足首

この3つの部分を冷やさないようにしましょう。

なぜなら、これらすべて皮膚が薄く、すぐ下を太い血管が通っているから。

なので、この3つの首を冷やさないようにするには、物理的に外側から温めることが効果的です。

それぞれの特徴や対策方法を具体的にみていきましょう。

血管や神経が集中するため、この部分が冷えると身体全体の血流が悪くなります。

夏はストール、冬はマフラーなどを活用しましょう。

手首

首ほど寒さを感じにくいため、冬でも露出している方が多いです。

長袖の洋服や手袋を上手に使いましょう。

足首

『頭寒足熱』と言われるほど、下半身の冷えを改善することは需要です。

長めの靴下やレッグウォーマーなどで対策しましょう。

身体を冷やさず、温かい状態をキープすることは、生涯健康につながります。

ぜひ3つの首を意識して温めてみては、いかがでしょうか。

今日は『100歳まで健康を目指すなら温活を』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。