砂糖で太るは本当か?

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『砂糖』について話をしたいと思います。

砂糖で太るは本当か?

『砂糖って肥満の原因になるんですよね?』こんな質問を頂くことがよくあります。

でもこの話って本当なのでしょうか?

今回は『砂糖で太るは本当か?』というテーマで『太りたくないので砂糖を控えています』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 砂糖で体質が変わってしまう?
  • 過去に何度も否定された『砂糖=悪』

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

砂糖で体質が変わってしまう?

砂糖が太るその根拠は?

精製された砂糖が、エネルギーを脂肪に分解させるホルモン(インスリン)を大量に分泌させ、太りやすい身体になってしまう

 
というもの。

その考え方は、主に糖質制限ダイエットをされている方に根強く、書籍などでも『糖質オフ健康法』などと紹介されるほど。

確かに砂糖たっぷりのお菓子や加工食品は身体に良くはない。

この砂糖が絶対悪の考え方は、科学的にも本当なのか?検証してみましょう。

過去に何度も否定された『砂糖=悪』

砂糖が太りやすいかどうか?は過去に何度も実験が。

  • 1997年のデューク大での実験
  • 参加者の摂取カロリーをまったく同じに、砂糖の量だけ変え体質の変化を測定
  • 具体的には、参加者の半分は総カロリーの43%を砂糖に
  • 残りの半分は、総カロリーの4%を砂糖に
  • 6週間後、両グループの体重は同じだった
  • 2005年にナバーラ大学で同様の実験を行うが、結果は一緒

ここから分かる結論として。

人間の肥満を左右するのは摂取カロリー

 
砂糖だけが太りやすいわけではない。

ということで、今回は『砂糖』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、砂糖についての正しい知識を得ることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、砂糖と上手に付き合いながら、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。