間食(おやつ)にナッツをおすすめする理由

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

あなたはおやつ(間食)を食べますか?

あなた自身でなくても、周りに間食をなさる方がいらっしゃいますか?

その間食の内容が健康に大きく関わるケースが少なくありません。

そこで今回は『間食』についてお話していきます。

間食(おやつ)にナッツをおすすめする理由

間食をするなら『ナッツ』がおすすめです。

なぜなら、免疫力が高くなるから。

今回は『毎日のように間食をしますよ』といったあなたに『間食(おやつ)にナッツをおすすめする理由』というテーマでお話していきたいと思います。

今回の『間食』について、お伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • ナッツには良質の脂肪酸が多く含まれる
  • ナッツの種類別の効果(特徴)について

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

ナッツには良質の脂肪酸が多く含まれる

ナッツ類と言うと、あなたはどんなものをイメージされますか?

  • ピーナッツ
  • アーモンド
  • クルミ

こんなものが一般的かもしれませんね。

私も患者さんへの栄養指導で、ナッツ類をおすすめするのですが、そうするとこんな答えが返ってきます。

『ナッツは好きなんだけど、カロリーが高そう』

確かにナッツ類には、脂質が多く含まれるものが多いです。

しかし、それはオメガ3系脂肪酸(オレイン酸、パルミトレイン酸)といった、人体に必要な良質な脂肪酸が多いです。

また、ナッツにはカルシウムやマグネシウムが豊富なので、次のような効果もあります。

  • 肥満予防
  • 高血圧の改善
  • 免疫力の向上

このように、良いコトばかりのナッツ類、ぜひ間食などに活用したいものです。

また、ナッツ類は種類に応じて色々な効果があるので、詳しくみていきましょう。

ナッツの種類別の効果(特徴)について

4種類の代表的なナッツについて、その特徴を詳しく見ていきましょう。

アーモンド

  • オレイン酸が豊富
  • ➡コレステロールを下げ生活習慣病予防
  • ビタミンEを多く含む
  • ➡アンチエイジング効果も期待できる

カシューナッツ

  • ビタミン、ミネラルの一種である亜鉛が豊富
  • ➡体内に侵入した異物を排除する働きで、感染症予防
  • 鉄分が多い
  • ➡貧血予防

クルミ

  • ポリフェノール含有量が多い
  • ➡抗酸化作用がが高くなる
  • オメガ3脂肪酸が豊富
  • ➡精神の緊張を和らげ安眠効果も

マカダミアナッツ

  • パルミトレイン酸やオレイン酸が豊富
  • ➡血液をサラサラにし、動脈硬化や高血圧といった生活習慣病予防
  • ➡アンチエイジング効果も

そして、おすすめの食べ方としてはミックスナッツを間食に。

1日25g(握りこぶしくらい)を目安にバランスよく摂取。

ということで、今回は『間食にはナッツ』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、身体によい間食を摂ることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、間食を上手に工夫して、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。