目を閉じるだけOK・昼寝のすすめ【脳を休憩させよう】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事では『目を閉じるだけOK・昼寝のすすめ』という健康についてのお話しを

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 医師、管理栄養士と提携整体の院長

こんな私がお話していきます。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

本記事の内容

  • 静かに15分、目を閉じるだけでもOK
  • 昼寝は長くても20分・PM3時までに

目を閉じるだけOK・昼寝のすすめ

昼寝で脳を休めると、その処理能力が格段にUPします。

その仕組みについて、詳しくお話しますね。

スポンサードサーチ

静かに15分、目を閉じるだけでもOK

昼食後に起こる眠気、これは自然のものです。

この自然の流れに逆らうと、午後のパフォーマンスが低下します。

なぜなら、人間の身体の中には体内時計があるから。

この体内時計のことを医学的には『生体リズム』といいます。

この生体リズムのおかげで、私たちはバランスよく生活出来ているのですが、そのリズムが崩れてしまうと。。。。

生体リズムの崩れによる影響

  • 不眠(熟睡できない)
  • 疲れがとれない
  • 脳が働かない
  • 気分が落ち込む

など、さまざまな影響が発生。

これは生体リズムが崩れることで、自律神経の働きが低下するためです。

では、生体リズムを良くするために何をすればいいのか?ズバリ!!

昼食後の休憩

 

午前中から、全力で活動してきた脳を一旦休憩させ、午後へのエネルギーをチャージしましょう。

具体的には、一人になれる場所、例えば

  • 公園
  • 静かなカフェ
  • 車の中

など、一人になれる場所で、ゆっくりと目を閉じます。

無理に寝なくてもOK。

ポイントは、静かに目をつぶり(15分程度)リラックスすること。

これだけで脳が休まり、午後の時間帯もしっかり働いてくれるようになります。

ただし、注意点があります。

昼寝は長くても20分・PM3時までに

昼寝にはベストな長さとタイミングがあり、間違えると逆効果になります。

ベストは15分~20分・PM3時まで

よく、朝早起きなので、昼の休憩は長めにという方がいますが、これはNGです。

なぜなら、睡眠慣性があるから。

睡眠慣性とは?

私たちの睡眠は『深い眠り』と『浅い眠り』を繰り返す仕組みになっています。

そして、深い眠りから覚めた時に、再び眠気が生じることを『睡眠慣性』といいます。

20分以上眠ってしまうと、この睡眠慣性が働き『ぼぅ』としてしまうのです。

また、昼寝をする時間帯も重要です。

PM3時以降に眠ると例え20分程度でも、夜の睡眠に影響が出やすくなります。

そして、これは個人差もありあますが、昼寝の前にコーヒーや緑茶を飲むと、目覚めが爽快になる方も多いようです。

昼寝を上手に活用しながら、1日を有意義に過ごしてみてはいかがでしょうか。

今日は『目を閉じるだけOK・昼寝のすすめ』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。