小太りは長生きする?メタボ健診のワナ

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『メタボ健診』について話をしたいと思います。

小太りは長生きする?メタボ健診のワナ

40歳~74歳までの国民全員を対象に、年1回実施されるのが『メタボ健診』です。

その健診で太り過ぎを気にする方が増えていますが、実は太りすぎだけでなく、痩せすぎも危険だったりするのです。

そこで今回は『小太りは長生きする?メタボ健診のワナ』というテーマで『毎年のメタボ健診がビクビクで』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話しでお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • お腹が大きい=メタボか?
  • 小太りのすすめ

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

お腹が大きい=メタボか?

厚生労働省が定めたメタボの基準は次の通り

  • 腹囲は男性85センチ以上、女性90センチ以上
  • かつ血糖値、血中脂質、血圧の3項目のうち2項目が該当

すると、メタボリックシンドロームと判定されます。

ただし、この基準値に関しては、専門家の中でも意見が分かれている部分もあり、将来基準が変わる可能性もあります。

そして、この判定で注意しなければならないことは、『痩せていれば良い』ということではないという事。

小太りのすすめ

メタボリックシンドロームへの関心が高まり、太っていると健康でいられないとの認識が広がりつつあります。

もちろん太りすぎは、色々な病気のリスクにつながります。

しかし、メタボ健診の基準だけで、自分が太っていて長生き出来ないと判断するのは間違いです。

 
それはこんな調査結果にも表れています。

  • 2009年に東北大学の研究チームによるデータ
  • BMI値が25~30の小太り体型の人が一番長生きする
  • 厚労省が同時期に5万人を対象にした調査でも同様の結果

そしてさらに驚くべき結果として

痩せている人は太っている人以上に短命

 
ただし、あくまで小太りが長生きで、腸肥満の方の長生きは難しい傾向にあります。

ということで、今回は『メタボ健診』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、メタボの体型を意識し予防することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、健康な小太りを心がけ、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。