コーヒーで免疫力を高める【1日3~4杯のメリット】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事では『コーヒーで免疫力を高める』こんなテーマについて、

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 医師、管理栄養士と提携整体の院長

こんな私がお話していきます。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

本記事の内容

  • クロロゲン酸によるさまざまな効果
  • コーヒーは1日3~4杯飲む

コーヒーで免疫力を高める

コーヒーには免疫力を高める働きがあります。

コーヒーに含まれる『クロロゲン酸』がポイント。

どうして免疫力があがるのか?
その仕組みについて詳しくお話しますね。

スポンサードサーチ

クロロゲン酸によるさまざまな効果

ガン・糖尿病・心筋梗塞・動脈硬化などが予防できる。

これが『クロロゲン酸』の効果なのです。

クロロゲン酸とは?

クロロゲン酸とは、ポリフェノールの一種でコーヒーに豊富に含まれています。

あのコーヒーの色や苦み、香りなどは、クロロゲン酸のおかげ。

クロロゲン酸の働き

  • 抗酸化作用
  • 脂肪の蓄積を抑制

この働きが先ほどの、ガン・糖尿病・心筋梗塞・動脈硬化などの予防につながります。

65歳以上の男女に行ったテスト

クロロゲン酸を摂取したあとの、認知機能テスト➡30%も成績が上昇。

この結果からも、コーヒーには脳を活性化し認知症を予防する効果があります。

また、コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を刺激し、心身を目覚めさせたり血流を促して体を温めるため、免疫力を高める効果まであります。

このように良いことだらけに見えるコーヒーですが、こんなデメリットも。

コーヒー飲み過ぎによる影響

  • 飲みすぎによる胃酸過多 ➡ 胃が荒れる
  • カフェインの過剰摂取 ➡ めまい、心拍数の増加、血圧の上昇

では、私たちは1日にどのくらいのコーヒーを飲めば良いのでしょうか?

コーヒーは1日3~4杯飲む

コーヒーは1日3~4杯程度を目安にしましょう。

その量は色々な説があり、また個人の体質にもよるのであくまで目安となります。

その根拠は次の通り。

1杯のコーヒー(150ml)に含まれるカフェイン量を90mgと仮定

欧米では、1日400mgまでの摂取であれば、リスクは少ないという考えが一般的。

※ただし、妊娠や授乳中などの場合は300mg

なので、1日3~4杯程度を目安に、リラックスできる空間や時間に楽しみたいものですね。

今日は『コーヒーで免疫力を高める』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。