花粉症は治るもの?治らないと諦めた方が良い、その答え解説

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

年明け過ぎになると、相談が増えてくる疾患のひとつが『花粉症』です。

年々推定の患者数が増え続け、悩まれている方も多いかと思います。

そこで今回は『花粉症』についてお話していきます。

花粉症は治るものなのか?

花粉症のお悩みや相談で多いのが

『そもそも花粉症って治るものなのですか?』
『花粉症の治療法ってあるのですか?』

といったものです。

そこで今回は『毎年、花粉症に悩まされています』というあなたに『花粉症は治るもの?治らないと諦めた方が良い、その答え解説』というテーマでお話していきたいと思います。

今回の『花粉症』について、お伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 花粉症の自然治癒はあるのか?
  • 花粉症の治療には免疫療法

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

花粉症の自然治癒はあるのか?

花粉症について、こんな話を聞くことがあります。

『出産を経験したら花粉症が治った』
『年をとったら、花粉症が軽くなってきた』

確かにそういう方がいらっしゃるのは事実ですが、これは自然治癒なのでしょうか?

そもそも、花粉症とはアレルギー疾患の一種です。

なので、出産や年齢が治癒と関係あると言うよりは、アレルギーに対する反応が変わった。

言い方を変えると『体質が変わった』と考える方が自然でしょう。

なぜなら、花粉症の症状はその年によって違い、原因としては。

  • 花粉の飛散量
  • その年の身体のコンディション

などにより、その年によって症状が楽だったり、辛くなったりといったことになるのです。

なので、その年に症状が出なくとも、これは治ったのではなく、たまたま身体のコンディションが良かっただけといったケースが老いのです。

では、花粉症には治療法がなく、これからもずっと付き合っていかなくてはならないのでしょうか?

花粉症の治療には免疫療法

花粉症の治療法については、症状を抑えることを目的とした『対処療法』が一般的でした。

しかし、最近の研究で新たな治療法(新薬)が開発されました。

その名は『舌下免疫療法薬』と言われ、このような働きをします。

この薬は花粉の成分を元にしたもので、アレルゲンを含んだエキスを口に含み、粘膜から摂り込んで身体を慣らし、アレルギー反応を抑えるというもの

ただ、この治療法の問題点は時間がかかるということ。

花粉の飛散する3ヶ月前から、その治療を開始し、最低でも2年。

その間、毎日1回はその治療を続けなくてはいけないというものなんです。

このような薬を使う治療法も開発をされているのですが、大切なのはアレルギーが発生しないような体質にすること。

先ほどもお話した通り、花粉症はアレルギー症状の一種。

なので、考え方としては。

  • ウイルス(花粉)が体内に侵入しても反応しずらくする
  • ウィルス(花粉)を撃退するシステムを強力にする

この2つしかありません、つまり免疫機能を強化することが重要になってくるのです。

ということで、今回は『花粉症』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、色々と工夫し花粉症の症状を抑えることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、花粉症を予防して、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。