生涯健康Blog 人生100年時代・生涯健康

自律神経を整える習慣 (その35)『心配事』と『ストレス』の話

マインド 健康

こんにちは、高田です。

わたしは医師や管理栄養士と提携し治療をする『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています。

この記事では、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は、自律神経を整える習慣(その35)いうことで『心配事』と『ストレス』について話をしたいと思います。

自律神経を整える習慣(その35)『心配事』と『ストレス』

毎日のちょっとした習慣を意識するだけで、自律神経が整いやすくなり心と身体が元気になります。

今日もそんなヒントを2つほど紹介します。

本記事の内容

  • 心配事は袋にしまうようにする
  • ストレスの原因は自分次第と考える

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

心配事は袋にしまうようにする

毎日ふつうに生活しているだけでも、どうしても起こってくるのが『心配事』ですよね。

心配事を抱えているとき、あなたの心の状態は悪くなっています。

朝から心配事で頭の中がいっぱい、こんな状態では1日を気持ちよく過ごすことは不可能。

そこでおススメしたいのが、この方法なんです。

心配事をいれる袋をつくってしまう

 
実際にあなたの心の中に中さな袋をイメージし、その中に心配事を入れてしまい紐でしばってしまいましょう。

もちろん、この方法で心配事がなくなるわけではありません。

しかし、人間の身体は『対処法が決まると自律神経が整います』

そして多少なりとも安心する方向に。

ぜひ、気持ちの中に袋をつくることをおすすめします。

続いて2つ目のヒントです。

ストレスの原因は自分次第と考える

『ストレスとどう付き合うか?』これは自律神経を整えるうえで、とても大切です。

ストレスの対応で、一番おすすめできないのが

  • 考えないようにしよう
  • 忘れてしまおう
  • 気持ちの片隅に追いやろう

いわゆる『逃げる』という方法はNGです。

逃げないで、いっそのこと徹底的に向き合ってしまう方が現実的。

そこでポイントとなってくるのが『ストレスの原因は何か?』をはっきりさせること

 
この自問自答を繰り返していると、おそらくこんな答えにたどりつくと思います。

ストレスの元は自分自身だった

 
この答えにたどりつくと、自分なりに納得感もうまれ心が少し軽くなります。

もし自問自答が難しかしいときは、誰かに質問してもらう形でもOK。

わたしはよく患者さんに質問を繰り返しながら、ストレスの原因を確認しています。

例えばこんな感じに。

  • いやな上司がいる
  • でもその職場で続けて働いていきたい?
  • 転職は考えていない?
  • 部署の移動は難しい?
  • なぜその上司が嫌いか?
  • 無理な仕事を押し付けられた時、断れない?

こんな自問自答をしてみると、先ほどの答えにたどりつくケースもありますし、ストレスが軽くなる場合も。

ぜひ、自分自身に問いかけてみてください。

ということで、今回は『心配事とストレス』についてのお話をしました。

最後まで読んで頂いたあなたが、自律神経を整える習慣を身につけることで、快適な毎日を過ごせるようになります。

2つのヒントが、あなたの役にたてたら嬉しいです。