緑茶が身体に良いこれだけの理由

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

『健康のために水分を摂るよう意識しています』

最近、こんな患者さんが増えてきました。

ただ、ちょっと気になる点が。。。

その水分は『水』や『白湯』といった方が多いのですが理由を聞くと『何となく。。。』

そこで今回は、『緑茶』について、お話していきます。

緑茶が身体に良いこれだけの理由

緑茶には身体によい成分がたくさん含まれています。

と聞いてあなたはどんな成分をイメージされますか?

おそらく一番多い答えは『カテキン』ではないでしょうか。

それ以外にも有料成分がたくさんなので、詳しくお話していきます。

今回は『健康のために水分を意識しています』といったあなたに『緑茶が身体に良いこれだけの理由』というテーマでお話していきたいと思います。

今回の『緑茶』について、お伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 緑茶には優良成分がたくさん
  • 緑茶は時間帯に合わせ上手に飲む

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

緑茶には優良成分がたくさん

緑茶にはとてもたくさんの身体に良い成分が含まれています。

  • ポリフェノール
  • カテキン
  • テアニン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • グルタミン酸
  • アスパラギン酸

代表的な成分について、詳しくみていきましょう。

ポリフェノール

  • 特に優良なものが多く含まれる
  • 抗酸化作用
  • 免疫力UP

カテキン

  • 強力な抗酸化作用(その効果は2時間程度)
  • 体脂肪低下作用(ダイエット効果)

テアニン

  • アミノ酸の一種で興奮抑制作用がある
  • カフェインも含まれるがコーヒーほど強力ではない

このように身体に良い成分が多い緑茶ですが、飲む際にもちょっとしたポイントが。

緑茶は時間帯に合わせ上手に飲む

緑茶は温度のによって効果が違ってきます。

そのポイントや特徴を紹介します。

緑茶を65~70度の低温でいれる

  • カフェインが少なくテアニンが多いお茶がつくれる
  • リラックス効果が高いので、食事のあとなどがおすすめ

緑茶を80度前後でいれる

  • カフェインが強くなる
  • 仕事中や日中の活動時におすすめ

緑茶を90度以上でいれる

  • カテキンがより抽出される
  • 疲労回復効果が高くなる
  • 朝食の時などに飲むのがおすすめ

ということで、今回は『緑茶』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、緑茶の飲み方を工夫することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ緑茶を上手に飲みながら、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。