ジェネリック医薬品は慎重に選びましょう

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『ジェネリック医薬品』について話をしたいと思います。

ジェネリック医薬品は慎重に選びましょう

当院に来院される患者さんの多くが、病院で処方された薬を飲んでいます。

そしてここ数年こんな質問を受けることが多いです。

『ジェネリック医薬品って本当に効くのですか?』

そこで今回は『ジェネリック医薬品は慎重に選びましょう』というテーマで『どんな薬を使えばいいのか悩んでいる』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 先発医薬品とは違うもの
  • ジェネリックは安全試験が行われていない

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

先発医薬品とは違うもの

まずはジェネリック医薬品がどういったものなのか?から見ていきましょう。

  • 物質的特許と用途特許の切れた、先発医薬品の成分を真似たもの
  • 開発に費用がかかっていないため、安価
  • 先発医薬品の2~6割程度の価格で販売

そして最大のポイントが。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と全く同じものを安く販売している訳ではない

 
ちょっと怖いお話になりますが、ジェネリック医薬品は『成分配合は同じとされています』のですが。

実際は有効性試験で先発医薬品の±20%であれば、統計学的に同じと判断されている

 
なので、添加物や製法の違いで例えば『薬が胃で溶け出す時間が違う』などといったケースも少なくありません。

そして、さらに怖くなるお話も。

ジェネリックは安全試験が行われていない

ジェネリック医薬品は、薬の有効性試験のみで市場に出荷されます。

これを分かりやすく表現すると。

先発医薬品と同じ成分が前提のため、安全性はその時点で確認済み。しかし、有効性試験では±20%の誤差を認めている

 
とこの先は、あなた自身で考えて頂きたいのですが。。。

ジェネリック薬品は、単価が安く医療費削減にもつながる。

この理由で政府も使用を推奨していますが。。。

安全性の面では、有効性と臨床データが公開されているのは新薬なのです。

ということで、今回は『ジェネリック医薬品』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、薬の特徴を把握し使い分けることでで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、できたら薬に頼らず、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。