身体(骨盤)のゆがみをチェックしよう【簡単チェック】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

先日こんな質問を頂きました。

整体院は腰など骨や筋肉の身体の痛みがある方が通うイメージなのですが、痛みがない場合でも身体が歪んでいたりしますか?

自分で歪みを確認することは可能ですか?

予防できる動作などあれば教えて下さい。

そこで、今日の記事では『身体(骨盤)のゆがみをチェックしよう』という健康についてのお話しを

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 医師、管理栄養士と提携整体の院長

こんな私がお話していきます。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

本記事の内容

  • 痛みがなくても、ゆがみアリ
  • 骨盤のゆがみセルフチェック
  • 骨盤矯正効果のある運動

痛みがなくても、ゆがみアリ

どこか痛いなどの症状がなくてもカラダが歪んでいることがあります。

なぜなら原因不明の頭痛や疲労、筋肉痛の症状が、身体のゆがみを矯正することで緩和されたという例も数多くあるからです。

特に背骨や骨盤のゆがみは、身体に大きな影響を及ぼします。

また、身体が歪むことで自律神経が乱れ、いわゆる何となく不調が発生しやすくなります。

何となく不調

  • 寝ても疲れが取れない
  • 食欲がわかない
  • 何となくやる気が出ない
  • イライラしやすい
  • 皮膚がカサカサする

では、あなたの身体は歪んでいるのか?

骨盤のゆがみについてご自身でチェックしてみましょう。

スポンサードサーチ

骨盤のゆがみセルフチェック

ここでは、2種類の方法でチェックしていきます。

骨盤のゆがみチェックリスト10

  • 1. 左右の肩の高さが違う
  • 2. ウエストのくびれが左右違う
  • 3. 脚を組んでイスに座る
  • 4. 背もたれを使わないで座っているとすぐ疲れる
  • 5.気が付くと頬杖をついている
  • 6. 脚が届かないイスに座っている
  • 7. スカートがよく回転する
  • 8. 靴底の減り方が左右違う
  • 9. 正座を崩した”お姉さん座り”をよくする
  • 10. いつも決まった側でバックを持つ、背負う

以上の質問に当てはまる方は、骨盤のゆがみがある可能性が高いです。

足踏みチェック法

目を閉じてその場で足踏みを行い、骨盤の歪みからくる足のずれで位置がずれるかどうかチェックします。

  • 目を閉じた状態で、その場で50回足踏みします。
  • 50回終わった時点で、最初に立っていた位置からどのように移動したかを確認します。

右へ移動していた場合は、右側の骨盤が下がっています。
左へ移動していた場合は、左側の骨盤が下がっています。
前へ移動していた場合は、背骨が猫背になり、重心が前へ下がっています。
後ろへ移動していた場合は、「背骨が猫背になり、重心が後ろへ下がっています。

いかがでしたでしょうか。

最後に身体のゆがみを予防する方法についてお話していきます。

骨盤矯正効果のある運動

骨盤のゆがみに関する体操やストレッチは数多くありますが、その中でも私がアドバイスして効果が高かったものを紹介します。

お尻あるき体操

  • ①両足を伸ばした状態で床に座ったら、両手を胸の前で交差させます。
  • ②そのままおしりを使って、前に進んだり、後ろに下がったりを繰り返します。
  • ③10歩を目安に、3分間続けてみてください。

おしりを床から浮かさず、腰をねじるようにして進んでみましょう。

骨盤を正しい位置でキープするための、インナーマッスルを鍛えることができます。

今日は『身体(骨盤)のゆがみをチェックしよう』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。