えっ!毎日お通じがあるのに便秘??そのワケとは

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『便秘』について話をしたいと思います。

えっ!毎日お通じがあるのに便秘??そのワケとは

あなたは、毎日『お通じ』がありますか?

仮に毎日あったとしても便秘の可能性があります。

そこで今回は『えっ!毎日お通じがあるのに便秘??そのワケとは?』というテーマで『毎日お通じがあるから大丈夫』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話しでお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 毎日出ていても安心できない?
  • 適切な排便には食物繊維と運動がポイント

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

毎日出ていても安心できない?

排泄とは、次のようなことが身体で起こるメカニズムになります。

  • 食べたものが胃で消化され小腸に送られる
  • ➡小腸で栄養の大部分が吸収
  • ➡残りのカスが大腸に送り込まれ便に
  • ➡これが一定量溜まると排泄される

そして医学的な便秘の定義は、次の通り

3日以上排便がない状態、または毎日排便していても残便感がある状態(日本内科学会)

日本内科医学会のHPは こちら

ただし、次のような条件もあるのです

  • 便が硬い
  • 便が小さい
  • いきんでも出にくい
  • 残便感がある

などの症状のうち2つ以上の症状が頻繁にある人は便秘。結論としては

毎日、便が出ているから便秘ではないとは言えないのです

 

適切な排便には食物繊維と運動がポイント

便秘にならないような排便を目指すのであれば『食物繊維』と『運動』を意識しましょう。

食べものだけで、食物繊維を摂りきれない場合はサプリメントなども効果的です。

また、運動は散歩や身体をひねったり、前屈するような運動を毎日継続してみてください。

そして注意したいのは、便秘気味な状態が長く続く場合は、大きな病気の可能性もあること。

その病気とは『大腸がん』です。

気になる方は、早めに病院で検査を行うのもよいでしょう。

ということで、今回は『便秘』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、お通じのことを意識することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、食物繊維や運動を活用しながら、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。