集中力は8秒しか続かない??

こころ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事は『集中力は8秒しか続かない??』という生涯健康についてのお話しです。

集中力は8秒しか続かない??

極限の集中力は8秒しか続きません。

これは医学的なエビデンスがある内容です。

ただ、こんな反論も聞こえてきそうですね。

『なぜ、子供は飽きずに同じこと何時間も出来るの?』

その理由や効率よい働き方など『なかなか集中力が続かない』とお困りなあなたに向けて、次の2つのポイントに分けてお話していきます。

本記事の内容

  • 幼児の特殊脳波Fmシータ
  • 大人は8秒しか集中できない

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

幼児の特殊脳波Fmシータ

ひとつのことに集中できるのは幼児だけです。

なぜなら、子供の脳にはFmシータという特殊な脳波が出ているから。

これは大人にはでない脳波なのです。

この脳波のおかげで、テレビや漫画に集中すると、周囲の声がまるで耳に入らないくらいになるのです。

ではなぜ、子供のうちだけFmシータが出るのでしょう?

これは色々な説がありますが、最も有力なのは次の通り。

  • 幼児の時は大人が危険から守ってくれる ➡
  • 大人になって周囲が見えないのは危険だらけ ➡
  • 自分の責任で危険から身を守れるよう脳波を封印

では、大人になってからの集中力はどの程度継続できるのでしょうか。

大人は8秒しか集中できない

大人にとって、極限の集中力は8秒しか続きません。

例えば、野球のシーンをイメージしてください。

ピッチャーがなかなかボールを投げず、打者がバッターボックスを外す。

これは、短時間しか集中力が続かないことの現れです。

では、1日のうち本当に集中できる時間はどれくらいなのでしょうか?

この時間には様々な研究データがありますが、もっとも有力なのが『8分』です。

本当に集中出るのは8分が限界なのです。

そこで、脳に負担をかけず仕事をするには、こんな方法がおすすめです。

本当に重要な場面で一気に集中し、あとは少し気持ちをリラックスして作業を行う。

特にクリエイティブな仕事をする人は、自律神経の乱れた状態ではアイデアも浮かびません。

この8分を上手につかい、1日の仕事を効率的に行う。

こんな流れで脳のストレスを減らし、生涯健康を目指してはいかがでしょうか。

今回のお話は以上となります。

今日は『集中力は8秒しか続かない??』こんなお話をさせて頂きました。

あなたが快適な毎日を過ごすヒントになれば嬉しいです。