血圧は下げ過ぎるとキケン!その理由とは?

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『血圧』について話をしたいと思います。

血圧は下げ過ぎるとキケン!その理由とは?

現在の日本では、高齢者の約半数以上の方が血圧が高いと診断。

高血圧の薬を処方されています。

そこで今回は『血圧は下げ過ぎるとキケン!その理由とは?』というテーマで『血圧を下げる薬を飲んでいる』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 血圧の目標値を越えなければ安心?
  • 血圧は薬以外でも改善ができる

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

血圧の目標値を越えなければ安心?

血圧のお話しをする前に、まずなぜ血圧が高くなるのか?

その仕組みについて考えてみたいと思います。

基本的に血圧は年齢を重ねるにつれ高くなりがちで、その理由は。

  • 血管が老化で弾力を失う
  • ➡身体の隅々に血液を届けるため、心臓が勢いよく血を出す

ある意味、年齢が高い方が血圧が高いのは正常なこと。

この原理を踏まえ、今日お話する最大のポイントは。

血圧が高めだからといって、無理に薬で下げてしまうと副作用を誘発したり、健康を損ねる可能性も

 
そして2,000年以降、高血圧と診断される方が急増しています。

これは『国の高血圧ガイドライン』が見直されたから。具体的には

  • 1999年は最高血圧が150㎜Hgは正常
  • 2014年以降は最高血圧が135㎜Hgは正常

そう、高血圧の方の急増は、ガイドラインの見直しで作り出されてしまったのです。

では、病院で高血圧と診断された場合どのようになるのか?

これをみていきたいと思います。

血圧は薬以外でも改善ができる


病院で高血圧と診断された際、血圧を下げる薬を処方されるのが一般的です。

そして、高血圧の薬は一度飲み始めたら最後『一生飲み続けなくては』

と考える方が多いですが。。。。

あくまで個人的意見ですが、決してそんなことはありません。

 
実際に、私の治療院に来院される患者さんでも薬の服用を終了した方がたくさんいらっしゃいます。

最初にお伝えした通り、年齢を重ね血圧が高くなるのが自然の流れ。

それを薬などで無理に下げることにはリスクが伴います。

そこで薬を使わず血圧を下げる方法を紹介します。

  • 塩分を控える
  • 早寝早起き
  • 食事の量を減らす(和食中心)
  • 有酸素運動を心がける
  • 適正体重を意識する
  • ストレスを溜めこまない
  • つねに深呼吸を心がける

ということで、今回は『血圧』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、薬に頼らず血圧をコントロールすることで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、規則正しい生活や運動を心がけ、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。