免疫と冷え性の切り札は入浴【ぬるめのお風呂に15分】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事では『免疫と冷え性の切り札は入浴』という健康についてのお話しを

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 医師、管理栄養士と提携整体の院長

こんな私がお話していきます。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

本記事の内容

  • 入浴で得られる3つのメリット
  • おススメの入浴方法

免疫と冷え性の切り札は入浴

体温を上げると免疫力がアップや冷え性対策もできます。

体温を上げる方法は色々とあるのですが、もっともお手軽にできるのが『入浴』です。

なぜ入浴がいいのか?
どんな入浴方法が良いのか?

詳しくお話していきます。

スポンサードサーチ

入浴で得られる3つのメリット


毎日の入浴が習慣化すると次の3つのメリットが得られます。

  • 血流の改善(冷え性の改善)
  • MK細胞の増加(活性化)
  • 免疫力のUP

それぞれ、解説していきます。

血流の改善

ゆっくりと湯船につかることで、身体の芯まで温まるようになります。

これにより、末梢血管まで血液が流れやすくなり、冷え性などの改善にもつながります。

最近は空調システムも整っていて、真夏でも冷房の効き過ぎで手足が冷えるといったケースも多いで入浴は大切になってきます。

MK細胞の増加

身体が温まるとMK(ナチュラルキラー)細胞の働きが活発になります。

MK(ナチュラルキラー)細胞とは?

体内でウイルスに感染した細胞などを見つけ、撃退する細胞のこと。

入浴で身体の芯まで温まり、全身の血行がよくなるとMK細胞のがよく働くようになります。(詳しい説明は、別の機会にお話します)

免疫力のUP

MK細胞の働きが活発になると、体内に入り込むウイルスなどに対する攻撃力が高まります。

なので、免疫力がUPしやすくなります。

このように、良いことづくめの入浴ですが、いったいどのような方法がベストなのでしょうか。

おススメの入浴方法

入浴方法のベストは次の通り

  • お湯の温度:39~40℃
  • 浸かる時間:15~20分
  • 入り方  :半身浴

それぞれ詳しく説明していきます。

お湯の温度

入浴する際の温度は『ぬるめ』がおすすめ。

具体的には39~40℃くらい。

熱いお風呂が好きという方もいて、42℃が一番体温を上昇させるというデータもあります。

しかし、急激な体温の上昇は血管が収縮し、交感神経が高まりやすくなります。

特に高齢者や血圧が高い方は注意が必要です。

浸かる時間

湯船につかる時間は15分~20分程度がおすすめ。

これは全身の血流が上昇するのに、その程度の時間が必要というデータによるもの。

お風呂の中で時間がわからないといった方は『額に汗がにじむ程度』の時間にしましょう。

半身浴

肩まで浸かって。。。というイメージが多い入浴ですが、理想は半身浴。

半身浴の最大のメリットは、肺や心臓への負担が少ないということ。

ぬるめの38℃の半身浴は温熱作用が穏やかなため、副交感神経が優位になり、いわゆる身体に優しい状態となります。

これから寒くなる季節、入浴習慣をつけ健康を目指してはいかがでしょうか?

今日は『目を閉じるだけOK・昼寝のすすめ』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。