【頭痛の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状 頭痛

頭痛でよくある悩み

  • 頭痛外来にも行ったけど、それでもよくならない
  • 病院の検査で『異常なし』薬を飲んでも治らない
  • ストレスが原因と言われたが、どうすれば良いかわからない
  • 天気がくずれると症状が悪化し吐き気に襲われることも
  • つらい頭痛があってもなかなか仕事を休めない
  • 頭痛を根本的に治して、快適な毎日を取り戻したい

こんな悩みを持った方が、この記事をご覧頂くと症状改善のヒントが満載です。

文章が苦手という方は、こちらの動画で原因について解説しています。

スポンサードサーチ

頭痛とは?

病院の診察やネットでの検索などで色々とご存じかもしれませんが、念のため頭痛について説明いたします。

頭痛には、一次性頭痛と二次性頭痛があり、緊張型頭痛・偏頭痛(片頭痛)・群発頭痛が一次性頭痛にあたります。

それ以外のクモ膜下出血・外傷・感染・脳腫瘍など病院でも外科的な処置が必要なものは二次性頭痛となります。

なので、私たちが改善のお手伝いをできるのは一次性頭痛ということになり、もしあなたが病院の検査で異常なしといわれた場合一次性頭痛と理解してよいでしょう。

緊張型頭痛

頭の横から首や肩の筋肉の緊張から発生する頭痛です。

症状は、頭全体がしめつけられるように痛いという方が多く、目の疲れや倦怠感が増加する午後から夕方に後頭部から首筋などが『ギューッ』と痛くなるケースが多いです。

偏頭痛(片頭痛)

脳の血管が広がり頭痛が発生します。

症状は、閃輝暗点(目のチカチカ)や脈打つ痛み、こめかみから目のズキズキした痛み、頭の位置を変えると痛みが増すなどが特徴です。

吐き気、嘔吐、下痢などの随伴症状というのも片頭痛のみに起こるとされています。

ストレスから解放されたときに、発生する人が多いといわれており、週末、寝すぎ、寝不足、女性ホルモンのバランス、空腹、疲労、光や音の強い刺激でも発生することがあります。

群発頭痛

頭の片側だけ、目の奥の激痛や目の充血や鼻水が止まらないなど副交感神経が優位の反応をともなう頭痛です。

群発期と言われる1~2か月ほど毎日起こる時期があること、夜間・睡眠中に起こること、症状が1~2時間ほど続く、半年から2年おきに群発期があるなどの特徴があります。

このように種類によって原因や症状が違ってくるのが頭痛の特徴です。

次は、上記3つの頭痛について発生のメカニズムを詳しく見ていきましょう。

なぜ頭痛が起こるのか?(頭痛発生のメカニズム)

頭痛発生のメカニズムついて、詳しく解説してまいります。

緊張型頭痛のメカニズム

緊張型頭痛のメカニズムは、首や肩の筋肉の緊張がおこり血行不良になってたまった老廃物が神経を刺激し、締め付けられるような痛みを起こすといわれています。

医学的には、精神的・肉体的ストレスが原因と考えられ、パソコン操作や事務作業などにより長時間の同じ姿勢となることが影響していることが多いです。

偏頭痛(片頭痛)のメカニズム

偏頭痛(片頭痛)の原因とメカニズムは、脳の血管の拡張と収縮が原因というセロトニン説と、三叉神経の刺激が原因という説があります。

しかしながら、現代の医学では、はっきりとした答え(エビデンス)はないとされています。

群発頭痛のメカニズム

群発頭痛も脳の視床下部が関係してる事はわかっていますが、現代医学では原因不明とされています。

その一方で、カイロプラクティックなどに代表される手技療法の報告で『検査で原因不明といわれ病院を何軒も巡った頭痛』や『頭痛外来でも薬で何とかするしかなかった』という方の改善事例が多く報告されていることも事実です。

このように、発生のメカニズムが異なる頭痛ですが、現在はどのような治療法が行われているのでしょうか?改善のポイントとあわせて詳しくお話していきます。

頭痛改善のポイントは『血流と神経』

現在行われている一般的な頭痛治療法は次の2つです。

病院などでの薬物療法

現在、片頭痛にはトリプタン系、緊張型頭痛には鎮痛剤群発頭痛には、急性期には注射やブロック注射が使われています。
長期にわたり頼りすぎてしまうと『薬物乱用頭痛』といわれるリスクもあるので注意が必要です。

整体やマッサージ

一般的な整体院、整骨院、鍼灸院などでは入浴やストレッチなどのセルフケアが指導されるケースが少なくないようです。 片頭痛は、むやみに血流を上げてしまうと痛みが増すことはご存知の通りです。
さまざまな頭痛の発生のおおもとは、自律神経の乱れと、血液の流れが悪くなっていることです。 自律神経の働きのバランスが崩れ、血管の収縮拡張がうまくコントロールできないことで、血流の調節がうまくいかなくなります。

ですので、自律神経の働き(シーソーバランス)を整えるとが頭痛改善のポイントとなります。

自律神経の働きを良くするためには『身体をあたためる』や『リラックスが大切』などと言われますが、栄養(食べ物)を意識することにより、神経の働きを改善することが最近の研究でわかってきました。

では、どんな食べ物を意識すると神経の働きが活発になるのでしょう。

スポンサードサーチ

神経の働きを活発にする栄養素

これまでお話ししてきた通り、頭痛の改善には神経の伝達が重要となってきます。

神経伝達を促進する効果が期待できるのがビタミンですが、ビタミンB群は神経伝達や血流促進の効果があり、意識をして接種することにより症状の緩和が期待できます。

ビタミンBを多く含む食材の例

ビタミンB1を多く含む食品 ⇒ 豚肉・うなぎ・たらこ・ナッツ類

ビタミンB2を多く含む食品 ⇒ 豚レバー・鶏レバー・牛レバー・うなぎ・牛乳

ビタミンB6を多く含む食品 ⇒ かつお・まぐろ・牛レバー・さんま・バナナ

ビタミンB12を多く含む食品 ⇒ 牛レバー・鶏レバー・カキ・さんま・あさり・にしん

ここまでお読み頂きありがとうございます。頭痛の原因や改善のポイントはご理解頂けたかと思います。

最後は頭痛を改善するための治療施設についてお話していきます。

頭痛を改善するための治療施設とは?

頭痛を改善する治療を受けるのであれば、脳の状態を病院の検査(MRIなど)で調べ、2次性頭痛でないかを確認するという意味では重要です。

あなたを悩ます頭痛が一次性頭痛の場合、整体やマッサージなどで骨格矯正や神経・血流の調整、食生活の改善など、複合的なアプローチを行うことにより、改善の可能性が高まります。

複合アプローチを行う際、できるだけ少ない施設で治療を行うことがポイントとなります。

一番の理由は、あなたの体の情報を一元化することができるので、どの治療がどのように効果が出ているかを判定しやすくなるからです。

どうしても複数の施設を利用するしかない場合には、あなた自身が病状や治療の経歴や治療経過をまとめて、各担当者に見せて、情報を共有することをお勧めします。

また、複数の治療を複数の施設で受けると、予約や移動のことを考えるとかなりの手間になり、時間の制限により、自ずと試せる治療法も限られてしまいます。

その意味では、検査時にしっかりと問診やカウンセリングをして、情報の整理を手伝ってくれるような先生が望ましく、保険診療以外の治療についても広く検討されることをお勧めします。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院