全身浴にはキケンがいっぱい【半身浴のすすめ】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事は『全身浴にはキケンがいっぱい』という生涯健康についてのお話しです。

全身浴にはキケンがいっぱい

お風呂はぬるめの半身浴がおすすめです。

なぜなら『熱いお風呂は疲れるだけ』だから。

その理由や仕組みなど、次の2つのポイントに分けて解説していきます。

本記事の内容

  • 熱いお風呂に入ると脳が疲れる?
  • 全身浴で疲労因子が上昇

この記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

スポンサードサーチ

熱いお風呂に入ると脳が疲れる?

熱いお風呂に入ると疲れるだけです。

なぜなら、激しい運動をしているのと同じ状態になるから。

日本人ほど、お風呂や温泉が好きな国民はいないでしょう。

私も大好きで、特にゆっくりと温泉に浸かったあとのビールは最高ですよね。

ところが、このお風呂が『疲れを溜めてしまう原因』と言ったらどうでしょう?

お風呂がもたらす身体の変化

  • 体温の上昇
  • 血圧の上昇
  • 心拍数の上昇

などですが、これらを見ると何か気づきませんか?

そう、お風呂に入ることで上昇するものが多いのです。

上昇すること自体は悪くないのですが、そのスピードが急激すぎると、血管の拡張・収縮を招き自律神経中枢が疲れてしまうのです。

42℃以上のお湯に肩まで浸かった時の実験データによると。

激しい運動をしたのと同じ状態で、疲労度が一気に上昇するという結果に。

では、私たちはどのような入浴方法が良いのでしょうか?

全身浴で疲労因子が上昇

おすすめの入浴方法は、ぬるめの半身浴です。

その理由についてある実験データをみていきましょう。

実験

  • 42℃で半身浴 ➡ 疲労因子上昇・疲労回復因子上昇
  • 42℃で全身浴 ➡ 疲労因子上昇・疲労回復因子かわらず

このことから分かることはズバリ!!

熱いお風呂の全身浴は疲れが溜まるだけ。

そこでおすすめの入浴方法は。

38~40℃のぬるめのお湯に、心臓のした(みぞおち部分)まで入る半身浴。

この方法により、深部体温をあげ、副交感神経も優位となりリラックス効果もあります。

是非あなたも半身浴を上手に活用し、生涯健康を目指してはいかがでしょうか。

今日は『全身浴にはキケンがいっぱい』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。