【テニス肘の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

テニス肘でよくある悩み

  • 肩から腕、手にかけて痛みやしびれ、冷えがある
  • 手が動かしにくかったり、力が入らない時がある
  • 洗濯物を干すのがつらいので、家事が億劫になる
  • 病院では薬とシップだけでなかなか良くならない
  • 痛みを気にせず、仕事や趣味を存分に楽しみたい

スポンサードサーチ

テニス肘とは?

テニス肘と聞くと『一旦良くなっても、またすぐ痛くなる』とか『一生付き合っていくしかない』などと、長期化や慢性化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもインターネットで調べて、自分のテニス肘が重症ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずはテニス肘がどんな病気かという事を簡単に説明します。

胸郭出口症候群とは、肩や腕の運動や感覚に関わる神経や動静脈が障害を受け、肩、腕、手のしびれや痛み、手に力が入らない、いつも手が冷えているなどを自覚するような状態のことをいいます。

腕を司る神経や血管は、胸郭出口と呼ばれる狭い空間を通って、首から腕に向かって走行しています。

首の周りには食道や気管、神経や血管、筋肉など多くの重要な組織が密集しており、物理的に狭いところを走行しているのですが、その中でも3箇所の狭い部位が存在します。

①斜角筋症候群②肋鎖症候群③小胸筋症候群といい、それぞれの場所で神経や動静脈が圧迫されるのですが、この3つをまとめて胸郭出口症候群と言います。

胸郭出口症候群は、長時間のデスクワークや悪い姿勢で座っている方、家事などで首を曲げている時間が長い方、スマホを長時間使う方、重いものを持つ仕事の方、バイクなどを乗るドライバーの方、ピアノを長時間弾く方、なで肩の女性などに多いとされています。

症状としては、つり革につかまる時や、洗濯物を干すなど、腕を挙げる動作で腕全体のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じます。

また、肘から手の小指側に沿ってうずくような痛みと、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害に加え、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状が現れることもあります。

血流が悪くなることで手に冷えを感じる方も少なくありません。

さらに重度になると、手指の運動障害や握力低下、手の筋肉の萎縮により手の甲の骨の間がへこみ、手のひらの小指側の盛り上がり(小指球筋)がやせてきます。

テニス肘について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多くテニス肘の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

なぜ肘の動きがスムーズに動かせなくなるのか

テニスのバックハンドのストロークではラケットの裏側で球を打つため、手首の親指側に衝撃が伝わります。このとき、手首をそらす筋肉が働き、その付着部が上腕骨外側上顆(肘の外側の骨の飛び出た部分)です。繰り返すストレスで、付着部に炎症が起こり、肘の外側に激痛が起こります。

手や腕を使用しなければ疼痛は起こりません。重いものを持ったり、仕事で手を使いすぎたりすることによって起こります。実際には、家事を通して同様の動作を繰り返す機会も多く(たとえば雑巾を絞るなど)、テニスをしたことのない主婦に発症することも稀ではありません。

ここまでの説明だと『肘の痛み』の原因は肘そのものにあるというものになりますが、多くの『肘の痛み』の原因は肘そのものにあることは多くはありません。
当院で『肘の痛み』の考察をするときはもっと身体を広い範囲で観察していきます。

人は肘を使うときに肘だけに負担がかかっていることはありません、肘を体の中心へと辿っていくと、肘、上腕、肩、肩甲骨、背中、背骨へとつながっています。肘の動きはこれらすべての影響を受けています。さらに体幹(胴体)に近いところの問題はその先の四肢に影響を与えることが非常に多くあります。

『肘の痛み』の場合では背骨と肩甲骨の状態が指先の動きに大きな影響を与えます、背骨と肩甲骨周辺の動きの悪さが肘や手首、手指の症状の原因になるのです。この背骨と肩甲骨の問題を解決することが『肘の痛み』の症状を解決するためには欠かせません。

肘の痛みでストレッチしても改善しないのはなぜ?

整形外科の場合、テニス肘の治療は基本的には保存療法です。サポーターを巻いたり、運動を制限したりすることで局所の安静を図ります。痛みが強い場合、局所麻酔入りのステロイドの注射をすることもあります。それでもダメなら肘の手術という流れをたどる場合が多いようです。

否定はしませんが、これはすべて『肘の痛み』原因を肘そのものにあると考えて行う治療になります。

肘の痛みの予防法やセルフケアと検索すると、肘や腕のストレッチやマッサージ法を紹介するものを多く目にしますが、改善すべきはもっと根本にあります。

当院では『肘の痛み』になる原因を肘以外にあると考えてます。

肘の痛みが現れるのはあくまで結果であって原因ではありません。そのため施術も肘そのものに鍼を刺すことや指にマッサージをすることは一切いたしません。

『肘の痛み』も進行して関節が変形し肘が動かせないような状況になると手術するしかないといったようなことになります。そういった状況にならない為にも早めの対処をオススメいたします。

また、肘まわりの筋肉の緊張を和らげるのを手助けするため、血流を良くする食べ物(栄養素)を積極的に摂取することも重要になってきます。

スポンサードサーチ

テニス肘の改善に需要な栄養素とは?

これまでお話ししてきた通り、筋肉の緊張を和らげることが症状改善の近道となりますが、
筋肉の緊張を和らげるためには、血行を促進する必要があります。そこで一般的に血行促進が期待できる食べ物を紹介します。

【血流をよくする食べ物の一例】

玉ねぎ

血液をきれいにして、血流を促す代表的な食べ物といえば、玉ねぎです。辛み&香り成分が血液の凝固を防いで、サラサラとした血液作りに役立つといわれます。できれば玉ねぎは生のままで食べると、成分を余すことなく摂ることができます。

にんじん

血液・血管に作用するβカロチンとビタミンEを共に含んでおり、血流促進におすすめです。βカロチンは活性酸素から血液を守ってくれて、血液の汚れを防いでくれます。ビタミンEは抹消の血管を拡げてくれるので、全身に血液がめぐるように作用します。

納豆

納豆に特有の「ナットウキナーゼ」は、血液中の血栓を溶かしたり、血栓ができないように働く貴重な成分です。付属のタレや醤油を入れると、塩分の摂り過ぎにつながるおそれもあるので、薄い味付けにして食べるとよいでしょう。

生姜

生姜に含まれるジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールには、血流を改善する作用が期待されています。もろくなった血管を強くしたり、血液が固まらないように働いたり、血流を総合的に促します。

テニス肘の痛みの症状は栄養整体療法により改善します

テニス肘の痛みのことをネットなど調べてみると、多くは肘の症状を肘の問題としてその対処法や解決法を紹介していますが、肘の痛みの原因が指そのものにあることはほとんどありません。一生懸命マッサージしてもストレッチしても良くならないのはそのためです。

『肘の痛み』治療においてもっとも大切なことは『肘の痛み』を引き起こす根本的な原因を取り除くことです。

肘の痛みの多くは肘を曲げ伸ばす動作をしたときに痛みが生じます。この肘の「曲げ伸ばし」の動作にも多くの筋肉や関節の動きが関わっています。

普段肘が調子よく動いているときは、この多くの筋肉や関節が自然に連動している状態です。反対に肘に痛みが生じているときはこの連動が崩れている状態です、体幹から肘までの間にうまく機能できていない部分があります。

当院では腰の痛みを引き起こす連動を妨げている原因点を見つけ出し、整えることが可能です。

身体の連動を妨げている原因を見つけ出し、全身にある筋肉のコリの中から症状にあったポイントを選び『手』でもみほぐすことで原因を取り除いていきます。

当院で行っているトリガーポイントによる筋肉弛緩ではミリ単位で正確なポイントを取ることで辛い『テニス肘』の症状を早期に改善へと導きます。

さらに当院では、提携医師による血液データ解析による栄養指導での血流促進も行いくので、これまであなたが体験していた整体やマッサージより高い効果が期待できます。

当院ではこれまで多くの『テニス肘』患者さんと向き合い症状を改善してきました。栄養整体療法がテニス肘治療において有効であることが一般的にもっと認知されれば、テニス肘の症状で苦しむ方はもっと少なくなるはずです。

テニス肘になってしまって困っている方やいつまでも仕事を休めない方などは、一度当院にご相談下さい。ご縁のあったあなたの力になれれば幸いです。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院