【脊柱管狭窄症の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

脊柱管狭窄症でよくある悩み

  • 脊柱管狭窄症と診断を受け、不安でいっぱいだ
  • 発症後、会社を休職しているがいつ復帰できるのか心配だ
  • 病院等でいろいろ治療したが、一時的ですぐ症状が戻ってしまう
  • 手術を勧められたが、可能ならば他の手段で治したい
  • 足のしびれを気にせずにウォーキングを楽しみたい

スポンサードサーチ

脊柱管狭窄症とは?

脊柱移管狭窄症と聞くと『手術しか治療法がない』とか『一生付き合っていくしかない』など、長期化や慢性化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分が脊柱管狭窄症ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは脊柱管狭窄症がどんな病気かという事を簡単に説明します。

背骨を脊柱といい、その中に脊柱管という管があります。その管の中に大切な脊髄神経が通っています。その脊柱管が骨や靭帯、椎間板の変形によって圧迫を受けて狭くなってしまい(狭窄)、神経を圧迫してしまうとされています。

症状として多いのは、歩いているとお尻や足にかけての痛みやしびれです。間欠性跛行といって、休むと痛みやしびれが和らぐ場合もあります。また腰痛自体はそれほど強くない場合もあります。

治療方法としては、リハビリやコルセット、神経の流れを良くする薬やブロック注射などを行います。症状や状態が悪い場合には手術を勧められるケースもあります。

しかし、これらの治療をしてもなかなか改善しなかったり、一時的に良くなっても戻ってしまうというケースも多いです。

脊柱管狭窄症について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く脊柱管狭窄症の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院