生涯健康Blog 人生100年時代・生涯健康

【統合失調症の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

統合失調症でよくある悩み

  • 仕事や人間関係のストレスが溜まっている
  • 何をするにもやる気がおきない、感情が表に出ないといわれた
  • ここ最近仕事が忙しく情緒不安定が続いている
  • 色々と考えがまとまりなく巡ってしまい不眠で悩んでいる
  • 妄想がひどく幻視・幻聴・幻臭・幻触がある

スポンサードサーチ

統合失調症とは?

統合失調症と聞くと『薬しか治療法が無い』とか『一生付き合っていくしかない』など、怖いイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分が統合失調症ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは統合失調症がどんな病気かという事を簡単に説明します。

このページをご覧になっているあなたであれば、検索や書籍などですでにご存知のことも多いかと思いますが、統合失調症について説明していきます。

統合失調症とは、幻覚や妄想などの精神病症状や意欲・自発性の低下などの機能低下、認知機能低下などを主訴とする精神疾患です。

現在の医学では原因は明らかになっていない事も多いですが、ドーパミンの機能異常が存在すると考えられています。

また、遺伝的要素も関与することが指摘されるケースも多いですが、発症リスクを高める遺伝子は知られていません。

ですので、胎生期を含む人生早期の環境要因や児童・思春期のストレスをきっかけとして発症すると考えられています。思春期から青年期にかけて発症し男性の方が重症化するといわれています。

こうした『脳機能』がキーワードになるうつ病や自律神経失調症なども早期に病態を理解して、脳への健全なアプローチをはじめることで悪化を抑制できます。

病院などで重篤な病気が隠れていないかの詳細な検査は必要ですが、過剰に薬物に頼ることないタイミングで早期に何事もなく回復できるように取り組むことが重要です。

統合失調症を少しでも緩和したいとお考えの方は、どんな小さな事でもかまいませんのでお気軽にご相談下さい。