【神経痛(足・肋骨・頭)の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

神経痛(足・肋骨・頭)でよくある悩み

  • 冷えたり雨が降る前に痛みがひどくなる
  • 痛みだけでなくピリピリしびれるようになった
  • 肩こりや腰痛がひどくなってきている
  • 湿布や痛み止めをしているがあまり痛みが変わらない
  • 動作によって急に刺すような痛みがある

スポンサードサーチ

神経痛とは?

神経痛(足・肋骨・頭)と聞くと『投薬治療か最終的には手術くらいしかがない』とか『一生付き合っていくしかない』など、怖いイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分が重度の神経痛(足・肋骨・頭)ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは神経痛(足・肋骨・頭)がどんな病気かという事を簡単に説明します。

神経痛にお悩みの方は多く、痛みの場所も色々なところに発症することがあります。

神経痛で一般的に知られているのは、坐骨神経痛や肋間神経痛や三叉神経痛(顔面の神経痛)で、疲労やストレスや怪我などによって筋肉や神経が傷つき発症することが多いです。

また偏頭痛や歯の痛みも三叉神経痛の一種で、顔の小さな神経の痛みから坐骨神経のように大きな神経の痛みまでどんな神経にも神経痛は起こることがあります。

症状は、軽度なものでムズムズする、蟻が這っている感じ、なんとなく痒いなどがあり、ピリピリした痛み、電気が流れる感じ、火箸でつついたような痛み、ナイフで刺される痛みなどだんだんとひどい痛みを言われることもあります。

神経が傷ついてしまうと損傷の回復は筋肉や関節に比べるととても遅く時間がかかるため、長期間にわたり痛みを訴える方が多く見られます。

最近では、慢性的な痛みは脳が作り出しているという研究データもあり、鎮痛剤の他に精神安定剤などの処方がされることもあります。

神経痛(足・肋骨・頭)について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く神経痛(足・肋骨・頭)の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院