歯磨き後の『すすぎ』は少なめが良い理由

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

前回に引き続き今回も『歯磨き』について話をしたいと思います。

あなたは歯磨きのあと、どの程度くちを『すすぎ』ますか?

たくさんという方は、ちょっと待ったなのです。

歯磨き後の『すすぎ』は少なめが良い理由

多くの方は歯磨きをした後、丁寧に何回も『ブクブク』と口を漱いでいると思います。

口の中の歯磨き成分を洗い流すことがベスト、そう考えているかもしれませんが、これが間違いだったのです。

そこで今回は『歯磨き後の『すすぎ』は少なめが良い理由』というテーマで『歯磨きのあと、しっかり口をすすいでいる』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話しでお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 口のすすぎ過ぎはフッ素コーティングを剥がす
  • 歯磨き後のすすぎは、少量の水で1回だけ

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

口のすすぎ過ぎはフッ素コーティングを剥がす

一般的に販売されている歯磨き粉には『フッ素』が含まれ、こんな働きがあります。

虫歯予防や歯を丈夫にするはたらき

なので、フッ素入りの歯磨き粉を利用すると、歯はフッ素でコーティングされ、虫歯予防につながります。

ただし、フッ素の特徴から次のような注意が必要です。

  • フッ素のコーティングは短い時間では沈着しない
  • 長い時間コーティングを保持する必要がある

この特徴から歯磨き後の『すすぎ』は。

フッ素が沈着する前に口を何度もすすぐと、フッ素コーティングが剥がれてしまうことがある

では、どのくらいのすすぎがベストなのでしょうか?

歯磨き後のすすぎは、少量の水で1回だけ

歯磨き後のすすぎは、少量の水で1回だけがベストな方法です。

なぜなら、すすぎの水が多いと歯磨き剤の効果が半減されてしまうから。

理想的な歯磨き後のすすぎは、こんなイメージ

  • 口をすすぐ前に歯磨き剤をしっかりと吐き出す
  • 少量の冷たい水か、ぬるま湯で口を1回すすぐ
  • 1~2時間は、口には何も入れない

※すすぐのに使う水の量は約10㎖程度(コップに1㎝)

ということで、今回は『歯磨き』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、歯磨き後のすすぎを意識することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、食後の歯磨きのすすぎを意識して、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。