【更年期障害の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

更年期障害 症状

更年期障害でよくある悩み

  • 上半身や顔がほてったり熱くなり、汗が止まらない
  • ボーっとしてカラダがだるく、何をやってもやる気が出ない
  • イライラすることが多く、ストレスのせいか夜もうまく眠れない
  • 病院で更年期障害と診断され、しょうがないと諦めている
  • 薬に頼らずしっかり治し、元気な毎日を過ごせるようになりたい

スポンサードサーチ

更年期障害とは?

更年期障害と聞くと『薬しか治療法が無い』とか『一定期間は我慢するしかない』など、長期化や慢性化などのイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分が更年期障害ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは更年期障害がどんな病気かという事を簡単に説明します。

「更年期」とは、女性の閉経前5年、閉経後5年の計10年間を指し、閉経の時期には個人差がありますが、50歳前後の方が多いです。

当院でもこれまでに、様々な不調から病院を受診してみると「更年期障害」と診断され悩まされている方をたくさん診てきました。

この時期には、女性ホルモンの分泌量が大きく変わるため、心と身体にさまざまな不調が起きることがあります。

特徴的な症状は、上半身や顔が急に熱くなり、ほてり、のぼせ、発汗などが起きる、いわゆる「ホットフラッシュ」というものですが、加えて他にも様々な症状が起きることがあります。

女性ホルモンは卵巣から分泌されますが、卵巣に指令を出しているのは脳の視床下部(ししょうかぶ)や下垂体(かすいたい)というところです。

視床下部は自律神経をコントロールするところでもあるので、ホルモンバランスが乱れてくると自律神経のバランスも乱れて様々な症状が起きるというメカニズムです。

そのため更年期の方には頭痛、肩こり、腰痛などを訴える方も多いです。

他にも、動悸、息切れ、不眠、イライラ、倦怠感、冷えや手足のしびれなど、さまざまな症状が同時に出てくることがあります。

はっきりしない症状が同時に起こったり、日によって体調にばらつきがあったりするので、「怠けている」とか「やる気がないの?」など、更年期の辛さを理解してもらえないで苦しんでいる方も多いようです。

病院に行くまでもないか?行っても薬を出されるだけかな?

そのように考えて、一人で症状を我慢しながら日々過ごしている方も多いのが更年期です。

一般的に「更年期障害」と病気のように言われていますが、これは女性が年齢を重ねるとともによりよく生きていくための「変化」です。

ちょうど子供たちが大きくなっていくにつれて、様々な変化が起きてくる「成長期」と同じようなものだと考えます。

変化には少なからず痛みや苦しみが伴いますが、成長期も更年期もその後の人生をよりよく生きていくために必要な「変化の過程」だと言えます。

成長期も更年期も症状の強弱には個人差がありますが、ほぼすべての方に起きるのはそのためです。

そして、一人で症状を我慢しながら日々が過ぎていってしまう方も多いのが、更年期障害という病気の特徴でもあります。

なぜ更年期障害を発症してしまうのか?

更年期障害は、女性ホルモンの急激な低下に伴い起こります。
そもそも月経は、脳、卵巣、子宮に関連して起こる現象です。女性は産まれたときに、卵巣におよそ40万個の卵子をもっていますが、成長につれてその卵子は徐々に消失し、およそ50歳でほぼなくなります。

更年期を迎えると体内に残っている卵子の数自体が極端に減り、急激にエストロゲンの分泌が低下します。

更年期障害の発現には、加齢やエストロゲンの欠乏といった身体的ストレスに加えて、性格などから由来する心理的因子、仕事や家族関係・家庭環境などに起因する社会的因子が関与します。

女性ホルモンは、脳の視床下部からの司令により卵巣から分泌されます。視床下部はさまざまなホルモンの分泌をコントロールするとともの、自律神経も司ります。この自律神経の乱れが様々な症状を引き起こすのです。

更年期障害の症状緩和は血流と栄養

更年期障害の改善では、ホルモンバランスを低下させないために、血流を促進したり生活習慣(食事・運動・睡眠)を整えることが重要です。

医療機関ではホルモン補充療法や漢方薬の処方、抗不安薬の処方などされることが多いようですが、薬は一時的には症状をおさえられる可能性がありますが根本的な解決ではありません。

一般的には、更年期障害の方にとって薬は欠かせないものとなっている方も多いですが薬以外の対処法、特に栄養について詳しくお話しします。

女性ホルモンと似た働きをする成分として注目されているのが、大豆イソフラボン。大豆は食物繊維やオリゴ糖も多く含み、加齢とともに乱れがちな腸内環境を整えてくれる上、骨を強くするカルシウムも豊富です。

大豆を多く食品というと、納豆・豆腐・油揚げ・大豆煮・きな粉・みそなどです。

またストレスも痛みを引き起こす要因になりますので、普段から腹巻をする、湯船にゆっくりと浸かって入浴する、ストレスを溜めないようにし、規則正しい生活を心がけましょう。

スポンサードサーチ

更年期障害の改善に整体療法を選ぶ理由

一部の病気や器質的な異常があるものを除いて更年期障害に伴う症状は筋肉の弛緩(コリをほぐす)で血流を促進したり、必要な栄養素を積極的に取り込むることによって症状の軽減が期待できます。

更年期障害いくつも症状が絡み合っていることが多いですが症状により特徴的にお腹や背中が緊張したり、張っていたりします。

整体療法では、それらのお腹や背中の緊張や張っているポイントを緩めることで更年期障害の症状を緩和させていきます。

その時に緊張や張りのある局所を『手』を使い、身体の反応を確かめながら弛緩させると、驚くほどの即効性と効果が現れます。

さらに提携医師による血液データ解析による栄養指導での血流促進も行いくので、これまであなたが体験していた整体やマッサージより高い効果が期待できます。

もしあなたが不調でお困りなら、これまで数千人の更年期障害に携わってきた当院絵、どんな小さなことでも構いません。お気軽にご相談下さい。

このサイトを読んだあなたに整体療法が更年期障害において有効であること知っていただき少しでも快適な日常生活を過ごすことをサポートできれば幸いです。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院