【腰椎分離症の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

腰椎分離症でよくある悩み

  • 小さい頃からスポーツを頻繁に行ってきた
  • ハードな運動をすると痛みが強くなる
  • 体を反らせたり、ジャンプをすることができない
  • 病院では運動を休止して安静にと言われた
  • 痛みを気にせず、スポーツを存分に楽しみたい

スポンサードサーチ

腰椎分離症とは?

腰椎分離症と聞くと『最終的には手術しかない』とか『将来的な腰の痛みが心配』などと、怖いイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもインターネットで調べて、自分の腰椎分離症が重症ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは腰椎分離症がどんな病気かという事を簡単に説明します。

腰の骨を腰椎(ようつい)と言いますが、腰椎を構成する椎弓(ついきゅう)という部分にヒビが入ってしまった病態です。

すなわち、腰椎の骨折です。

この病態が起きやすいのは、10代のスポーツを活発に行っている方に多く見られます。

バレーボール、水泳などの体を反らせることが多い競技や、バスケットボール、跳躍系の陸上競技などのジャンプ動作が多い競技に起こりやすい傾向があります。

症状は、体を反ると痛む、体を曲げられないといった可動域の制限が見られ、日常生活では痛みは少なく、運動時に痛みが憎悪するというのもよく見られる症状です。

分離症の経験がある方は慢性腰痛に移行する可能性があるので注意が必要です。

自己判断をせず、正しくケアをしていくことが、スポーツへの復帰を早める道です。

腰椎分離症について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く腰椎分離症の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院